December 31, 2006

紅白歌合戦2006~米国では検閲:NHK Kohaku 2006 Nude-like Dancers Censored in US

NHK Kohaku 2006 - Dancers in nudelike body stockings censored in US

In the US, we watch "Kōhaku Uta Gassen" pre-recorded. Here, in the middle of the song, a mysterious white banner appeared covering the dancers in nudelike body stockings. Shortly after this part, the rest of the song was completely cut off. Facing an overwhelming number of claims, NHK released a message of apology on its official web page, explaining the dancers were wearing something different in rehearsal. Hahaha. - A Happy New Year!

さっき録画で流れた北カリフォルニア放映分。歌の途中にこれまで見たこともない白の巨大なバナーが突然現れ、「れれ?故障かな?」と思ってたら「今夜 踊り狂おう 裸で」を最後にブチッと切れ、北島三郎のうれしそうな顔に切り替わった。公式ウェブに謝罪が出てるね、ははは。 ではみなさん、良いお正月を:)


Tags: , ,

December 30, 2006

ジェームズ・ブラウンの告別式にマイケル・ジャクソンが参列:Michael Jackson on James Brown


"I love Michael.[..] Tell him don't worry about coming home. They always scandalize those that have the talent. But tell him we need to clean up the music and I want Michael and all of them that imitated me to come back and lift the music back." -James Brown's message to Michael Jackson, via Civil rights leader, Al Sharpton

「俺はマイケルが可愛くて仕方ない。なにも心配しなくていいから故郷に帰ってこいと言ってくれ。才能のある人間は毎度スキャンダルで騒がれるものなんだ。だがな、奴に言ってやれ、ミュージックのことはちゃんとしなきゃだめだ。俺は自分の真似した連中みんなに帰ってきてミュージックを昔みたいに盛り上げて欲しいんだ」 -公民権運動の指導者アル・シャープトン氏が本日の葬儀で語った故ジェームズ・ブラウンからマイケル・ジャクソンへの伝言

[Source: Washington Post]

"James Brown is my greatest inspiration. Ever since I was a small child - no more than six-years-old - my mother would wake me no matter what time it was to watch the television to see the master at work. Every time I saw him move I was mesmerized. " - Michael Jackson, attending JB's funeral service today

「ジェームズ・ブラウンは僕に最も大きなインスピレーションを与えてくれる存在です。僕がまだ小さな子どもの頃から彼がブラウン管に出てくると、6歳にもならない僕を母は何時だって構わず叩き起こして名人芸を見せてくれました。彼が動くと僕はいつも、金縛りにかかったように動けなかった」 -マイケル・ジャクソン(海外の遁世先から葬儀に参列)

アトランタで小さな頃から靴磨きや綿摘みで家にお金を入れていたブラウンは「20世紀最大のエンターテイナー」、「米ショービズ界一番の苦労人」と呼ばれる。この動画では酒かなんかでハイになった勢い(ラリって遺伝子のらせん構造に気づいたクリックと一緒の薬かしら?)でテレビ出てI FEEL GOODって叫んでる。天国も楽しい場所になりそうだね。


Tags: ,

December 29, 2006

Gmailデータ消失に備えてすべきこと:Backup GMail Messages

gmail-logoAbout sixty GMail users lost their entire data while using FF2 or IE, TechCrunch reported yesterday. The cause still remains unclear, and victims on Google Groups are guessing their password might have been stolen via a keylogger or some CSRF hack.

In the meanwhile, I added forwarding address to my Gmail account, checkmarking to forward all messages to my POP server for backup, and revising my password following some suggestions like "2/2/2 rule."

***

「年末年始の連絡先アドレスは○○○」というメールがくると、今年は「Gmailなら会社のメールもウェブで送受信できますよ」(詳細)とGmailの招待状送っている。Yahoo!では前からできたみたいだけど、Gmailはスパムフィルターが完全だしラベル機能が便利なので、従来のアドレスも一緒に使えるのはすごく助かる。

そんな折、Gmail利用者約60人のメールと連絡先がゴッソリ消えたという話が昨日TechCrunchに出た。原文のコメントには「9月1日に同じことが起こった。私の見ている目の前で消えていったんです」(#69)なんて怖い話まで出ている。そか、消えるんだ…。まあ、ベータだしね。

警告メッセージが悪質なハック風なので少し気になって被害者のスレッドを読んでみたが、発生は今月17、18日前後、使用ブラウザはFirefox2とIEとある。Firefox 2.0.0.1の前の2.0は、XSS保護破ってリモート攻撃できるセキュリティホールがあるが、これが原因ならIEで同じ被害が出た説明にはならないから、やはり個別の被害と考えるべきか? 

考えられるシナリオとしてはkeyloggerやCSRF(クロスサイトリクエストフォージェリ)だろうという話も。原因がはっきりしたらフォローすることにして、ここでは私が万が一に備えて今日とった対策を並べておくね。
  1. ステータスで「すべてのメールでPOPを有効にする」を選んでローカルに保存。
  2. 捨てアドレスに転送先アドレスを指定、保存。
  3. パスワード強化、使い回しをやめる。
3.はマイクロソフトに指針があるよ。被害者スレッド(#30-33)でもこんなパスワード強化のノウハウが紹介されている。
  1. サービス名の最初から2番目の文字と、最後から2番目の文字の次のアルファベットをつけて使い回す。例えば42tatltuaeなら、yahoo=ap42tatltuae、google=om42tatltuae、ask=st42tatltuae。
  2. 2/2/2の法則。英文頭文字に特殊文字2つ、数字2桁をプラス、最初2つを大文字に。例えば「This Is My Password For Gmail And It Rocks!!!」ならTIimpfgaitr!!!06。
  3. パスワード自動生成ソフトPasswordSafepasswordmakerなど)で50桁以上のパスワード(数字+アルファベット+大文字+小文字+特殊文字!@#$%^など)を作る。
これ見ながらちょっと自己流のルール考えてるとこ。忘れっぽいからなぁ…。

[Off-Topic/おまけ]
Adsense の幻想…

Tags:

December 27, 2006

マックのりんごが欠けてる理由と「1984」:Bitten Apple and 1984 ad


One reader who came across my entry on John McIntosh questioned why Mac has a bitten apple logo. The short answer is here at Apple Museum, and the long answer can be found in Sarah R. Stein's long article.

In connection, I tried to introduce some background of 1984 ad. If you are not familiar with George Orwell's novel, full-version of The Wizard of Oz, post-war German film Metropolis, and The Machine in the Garden, I'd recommend you to start with Ted Friedman's article and Folklore.org.



拙ブログ「マックの名前の由来」を読んだ方からVintageComputerBBSに「なぜマックのりんごは欠けてるのか?」という質問があったようでMacテクノロジー研究所のとても面白い解説が紹介されていた。

アップルのロゴといえば共同創設者ロン・ウェイン(Ron Wayne@創業当時41歳、もう一人いるのだよ)が描いた「AppleⅠ」のロゴが一番古く、りんごの木にもたれかかって重力について考えるアイザック・ニュートン卿の素描だった。ただ、これでは縮小するとワケが分からないしインテリ臭いというので、1977年にジョブズ氏が「Apple Ⅱ」のロゴをアートデザイナー、ロブ・ヤノフ(Rob Janoff)に頼んで作ってもらったのが、あの6色リンゴ。これには知っての通り以下のような意味がある。
  1. 聖書で林檎の木は「知恵」の象徴。欠けた部分は知に相当。
  2. エデンの園で神の掟に逆らい林檎を噛んだイブはアダムとともに神の国を追われる。欠けた部分は原罪・快楽・人間性などを象徴。
  3. コンピュータ関連の企業なので「bite(ひとくち)」を「byte(バイト)」にかけた。
  4. 虹(AppleⅡの出力カラー)はよく見るとカラーの配列が逆さま。既成概念にとらわれないアナーキズムを表している。
なんかもう、「ダ・ヴィンチ・コード」のようなイコノロジー・ワールドなんだが、この手のシンボリズムは初の家庭用パソコンの到来を告げた「1984」(下)でも如何なく発揮されている。ちょうどShiro氏が今年のベスト広告に選ばれた「Get a Mac」のWSJ評を紹介されていたので、ストック原稿から引っぱり出しておこう。



1999年にUSTVガイドが「過去50年で最高の広告」に、Advertising Age誌が「1980年代のベスト広告」に選んだこのCMは1979年作品「エイリアン」、1982年作品「ブレードランナー」でおなじみ、リドレー・スコットが監督を務めた。

広告代理店は、マッケンナー広告部門を買収してアップル番となったChiat Day(1968年創業)。「Why 1984 won't be like 1984」という広告コンセプトはブレント・トーマスとスティーブ・ハイデンが1982年末から温めていた。

アップルは広告制作費としては破格の約70万ドルと広告枠1分に80万ドルを出し、ロケ先のロンドンにはスティーブ・ジョブズら幹部が出向き撮影に立ち会った。1983年10月ホノルルの年次営業会議でCMを初披露した動画はこちら。イントロの「フラッシュダンス」主題歌に時代を感じるね。

取締役たちの反応は最悪でボツになりかけたが、当初1分半の広告枠をジョブズとスカリーは大慌てで30秒分払い戻して危機脱出。テレビ放映は(ベスト広告応募用のものを除けば)翌年1月のスーパーボールのハーフタイム1度きりだが、これが最高視聴率46.4%を記録し、今に至るまでありとあらゆるメディアにタダ乗りし続けている。これを見た他社がスーパーボール広告に飛びついたのは言うまでもない(世界最高の広告枠の威光にも最近かげりが出ているが)。

出演者は総勢200名弱。ビッグブラザー役には英国のTV俳優デイビッド・グラハム、ランナー役にはモデルでまともにハンマーを扱える人材がなかったことから、現地のフィットネスクラブでスカウトした円盤投げ選手アンヤ・メジャーを起用し、エキストラは英国の正統派スキンヘッドを日雇いで調達した。管理され統制され思考を奪われボケッと座るだけの超カンタンな役だが、同じハゲでもスキンヘッドなので暴れないよう見張るのが大変だったという話もある(Folklore.org)。

***

以下は映像&マスコミが専門のSarah R. Stein助教授の長文記事などを参考にまとめた作品サマリー。

舞台設定はジョージ・オーウェルの小説「1984」。ブレードランナーの未来都市LAを思わせる無機質な世界は小説世界のディストピア(ユートピアの逆)、巨大画面に映し出されたビッグブラザーが語る言葉はNewspeak(英語から“自由”、“謀反”を表す語彙と文法を完全に消し去った架空の共通言語で2050年には英語に代わる、という設定)である。

第1場面:地下チューブを列をくんで進む囚人服の男たち。「情報、浄化(information/ purification)」…。走る女性がカラーでフラッシュバック。タンクトップに真紅のショーツ、ブロンド、手には柄の長いハンマー。音階Dとワンオクターブ低音の不吉な電子音が不審者の侵入を告げる。

第2場面:全員白人男性。スキンヘッド。目はうつろ。ガスマスク。ライフル。円形トンネル。通路の壁には数フィートごとに監視モニターが取り付けられている。女性。「人間一人一人が…[...]反勢力の細菌が侵入できない安全な場所」。「勢力」という言葉が女性の映像に重なる。声のあるじ登場。モニター風の大画面から顔面がはみ出る年老いた男は頬がこけ、目はくぼみ、ハリウッドの典型的な扇動者の顔だ。

第3場面:ランナーの靴はレッド。力強いストライドで進む。後ろに迫る護衛。労働者は催眠術にかかったようにスクリーンを見つめる(ラクと言えばラクな役だよね)。「パワフルな武器(powerful weapon)」。テンションが上がる。「われわれ国民はひとつ(We are one people…)」。壮大な講堂。「意思はひとつ(...with one will)」。無表情な護衛たち。「目標はひとつ(One resolve)」。

独裁者の顔がいきなりフルスクリーンに。「大義はひとつ(One cause)。われわれの敵は...」。ランナーが槌を回し始める。シャツの胸にマッキントッシュのりんごのロゴ、ピカソ風に描いたパソコン。守衛がスピードを上げる。もうひと回し。声を張り上げる老人。「我々は混乱もろとも彼らを土に葬り去るであろう(we will bury them with their own confusion)」。女性は最後のスピンをため、槌を放つ。「勝利は我らの手中にあり(We Shall Prevail)」

老人の悪魔的な声めがけ空中をスローモーションで転回し、顔面にめりこむ槌。目を射る白光。言葉にならない悲鳴。烈風。口をあけて椅子にくくりつけの労働者たち。スクロールが流れる。
「1月24日、アップル・コンピュータよりマッキントッシュ発売。1984年は小説“1984”のようにはならない、その理由がわかるでしょう」

***

オーウェルが“1984”を上梓したのは1948年。戦後スターリンの恐怖政治批判がテーマの作品だが、この独裁者ビッグブラザーがアップルの広告ではビッグブルー(IBMの俗称)に挿げ代わっている。聴衆はMS-DOSとIBMのユーザー。その居ずまいは「機械が人間のようになるだけじゃない、人間も機械のようになっていくのだ」というカーライルの言葉を彷彿とさせる。また、機械に仕事を奪われた失業者にも見える。

円形トンネルは戦前ドイツのフリッツ・ラング作品「メトロポリス」(解説)にヒントを得た。 資本主義が支配者と労働者を分ける悲惨を描いたこの作品でラングは「支配者は地上、地下1階が機械、その下が労働者」という3層構造の舞台をあつらえている。広告の大講堂はメトロポリス支配者の館に瓜二つである。オーウェルが純然たる全体主義支配を描いたのに対し、ラングの映画の方はまだ反乱の余地がある、という違いがある。

女性はマックのユーザーでありマックそのもの(マックは女性なのね)。色鮮やかなイメージは、ブリキの世界に空色のスカートで躍り出た「オズの魔法使い」のドロシー。老人が魔法使いなら、槌は犬のトト。女らしいボディラインは同じ年の映画「ターミネーター」の女主人公サラ・コナーを思わせる。

広告「1984」はパソコンをツールからコモディティに変えた。百貨店のショーウィンドウを色と光で満たしたように、アップルはパソコンの灰色のウィ ンドウを色と光で満たす。ランナーの女性はポスト・エデンの人間社会、命の再生産、underdog(負け犬、社会的弱者)の象徴であり革命家だ。個人に力を取り返す。意思は固い。

レオ・マルクスが1969年に書いた「The Machine in the Garden」にも解読のヒントがあるということだが、日本ではマイナー本のようだ。

***

アップルはそれまで、ヨーコ・オノとジョン・レノンが出演した番組の名司会者ディック・キャベットやケビン・コスナーに「ライフスタイル広告」をやらせていたが、ジョブズのビジョンを正確に伝えるには「アレゴリーがどうしても必要だった」。これは昨年出版「Electric Dreams」で本広告の解説をまとめたテッド・フリードマン教授がこちらに書いている。

同教授の著述で興味深いのは「企業支配から個人を解放する」というコンセプトで売り出したApple Ⅱも、ふたを開けてみればメインの顧客は初の表計算ソフトVisiCalcに飛びついた企業ユーザーだった、という点。

「取り残されたその他大勢(the rest of us)」がPCに流れてしまったのは全く皮肉な話だが、広告「1984」がなければマウス(Lisaが初代導入モデルだがブレイクには至らなかった)は相変わらず業界で玩具扱いだったろうし、PCもここまでは伸びなかった、とされる。

因みにアップルは翌1985年もスーパーボール広告「Lemmings」(下)で二匹目のどじょうを狙ったが、PCビジネスユーザーがレミングみたいに崖からバッタバッタ飛び降りるあんまりと言えばあんまりな設定で大コケ、代理店のChiat Dayは担当を外された。



参考資料:
"Apple's 1984: The Introduction of the Macintosh in the Cultural History of Personal Computers" by Ted Friedman
'The "1984" Macintosh Ad' by Sarah R. Stein
1984 - Folklore.org

Tags: , , ,

December 25, 2006

終わらないモルモン遺言書事件:Melvin Dummar and Mormon Will

Do you know this man? His name is Melvin Dummar. Probably you recognize the name from Jonathan Demme's 1980 comedy "Melvin and Howard." Yes, that Melvin.

He says he picked up Howard Hughes in 1967 and would have received a will naming him an heir to 1/16 of his $2B fortune. The District Court in Nevada ruled the hand-written will was a forgery, but last year a retired FBI agent found new testimonials that support Melvin's claim (Investigation), and on June 12 this year, Dummar filed suit in the district court for Utah demanding the $156 million which he would have received, plus punitive damages and interest.

I guess I now understand why Bill G. and Warren Buffett keep themselves busy giving away much of their estates. You can hear Melvin's voice here.

Photo courtesy of desertnews.com


こないだ「200年前をググる」から「やめてくれセリーヌ」でEnvyさんに「The Aviatorもあるよ」とオススメついでに、ちょっと気になってあの映画の主人公ハワード・ヒューズのことを調べて辿り着いたのが、この写真のメルビン・デュマーさん。

天文学的財産を抱えるヒューズは、放浪生活の時1ドル恵んでくれたガソリンスタンド店員に巨額の遺産を残した。そのラッキーな人が彼である。

ただし、この話には続きがある。彼の手にビタ一文渡っていないのだ。それどころかメルビンさんは「こんなありえない遺言書を偽造して…」と、ずっと世間に後ろ指さされてきた。

やっと昨年ベガスの組織犯罪捜査部門の長だった元FBI捜査官ゲリー・マグネースン氏が「30年前の彼の話は実は嘘じゃなかったのではないか」と新証言を掘り起こして本を出版したのを契機に、逆提訴に踏み切ったばかりだ。

そう、“地球上の富を半分持つ男”の遺産相続争いは30年経った今も、まだ終わっていないのである。


モルモン遺言書事件


ヒューズが亡くなったのは1976年4月。遺体はミイラのような亡骸となって米国に移送された。

問題の手書きの遺書は(発見場所にちなんで「Mormon Will(モルモン遺言書)」と呼ばれる)ソルトレークシティの復元イエス・キリスト教会の机の上に見つかった。以下が遺産分与のくだり。

私ハワード・R.・ヒューズ亡き後、その遺産は以下のように分与するものとする。
第1に: 全財産の4分の1はマイアミのハワード・ヒューズ医学研究所に寄贈
第2に: 全財産の8分の1はテキサス大、ヒューストン工科大、ネバダ大、カリフォルニア大に
第3に: 全財産の16分の1は復元イエス・キリスト教会(モルモン教会)とデビッド・O・マッケイ師に
第4に: 全財産の16分の1は孤児院建造費に
第5に: 全財産の16分の1は全米ボーイスカウト連盟に
第6に: 全財産の16分の1はロスのジーン・ピータースとヒューストンのエラ・ライスに(前妻たち)
第7に: 全財産の16分の1はヒューストンのウィリアム・R.ルーミスに
第8に: 全財産の16分の1はネバダ州ガッボスのMelvin DuMar
第9に: 全財産の16分の1は死亡時の側近に
第10に: 全財産の16分の1は全米学校奨学金に、スプルース・グースはロングビーチ市に
残りの財産は死亡時の所有企業のキーマンで分ける。遺産相続執行人にはノア・ディートリッヒを任命する。
1968年3月19日署名
Howard R. Hughes (ソース:Wikipedia

この第8条にある「Melvin DuMar」というのが、音韻から、メルビンさんと判断される。16分の1というと1億5,600万ドル、途方もない額だ。

この遺書の存在が明るみになるやメルビンさんの元には報道陣がドッと押し寄せ、彼は「世界で最も著名なガソリンスタンド経営者」となった。ところが…
  1. 発見状況に不審な点がある(封筒からメルビンさんの指紋検出)
  2. 「遺書」と名のつくものは他にもあったが全部偽造だった
  3. ヒューズ氏のエキセントリックな性格から見て遺書を残すタイプとは思えない
などの理由から1978年6月、ネバダ地裁はモルモン遺言書を「偽造」と断定、メルビンさんの相続権を無効にしてしまったのだ。メルビンさんは「身なりのいい謎の男がガソリンスタンドに現れ、封筒を残していった。中身を読んでも本物か判断がつかず途方にくれたので、教会事務所(彼はヒューズ氏と同じモルモン教徒)まで車で行って机に置いてきた」と証言したが、誰にも信じてもらえなかった。

「本当にたくさんの人が私をペテンか詐欺師と決め付け、まるで犯罪者のように扱ったのです」(メルビンさん、DesertNews.com



富豪との出会い(メルヴィン・デュマー証言)



メルビン・E・デュマーさん(1944年8月28日生)は、アリゾナの砂漠でヒューズを車に拾った1967年12月の寒い夜のことをとても良く覚えている―。

それは浮気相手と家出した妻を、南カリフォルニアまで捜しに行く途中のことだった。メルビンさん(当時23歳)はベガス北方240kmのLida交差点の、売春宿コットンテイル・ランチを過ぎた辺りで用足しのため95号線の路肩に車を寄せた。時刻は夜11時。見ると路傍にヨレヨレの風体で男がひとり寝っ転がっているではないか。

腰まで髪を伸ばし何日も髭剃りしてない男はメルビンさんを見ると、ベガスまで乗せてくれと頼んだ。メルビンさんは「どうせ方向も同じだし」と気安く愛車シェビーの助手席に拾った。

道中ちょっと世間話をし、言われた通りにSandsホテルの裏口に降ろそうとしたら、男は小銭の持ち合わせがないと言う。メルビンさんはなけなしの小遣いをくれてやった。すると去り際、男は丁寧に礼を述べながら、自らをハワード・ヒューズと名乗ったが、メルビンさんはまるで本気にしなかった。

以上の証言をベースに富豪と貧民の奇妙な出会いを描いたコメディー映画が1980年の「Melvin and Howard 」だ。しかし現実のメルビンさんはコメディーとはかけ離れた人生を歩んできた。
「ヒューズ氏を砂漠で見つけた時、私の人生は永久に変わってしまいました。命を助けたお礼に1億5,600万ドルの遺産を約束してくれたのにペニー硬貨1枚もらえず、軽蔑され、健康を害し、一時は破産寸前までいったのです」(Las Vegas Review Journal-2004年4月号
その後、メルビンさんはカリフォルニアに行って奥さんを説得して連れ帰り、奥さんはウェイトレス、メルビンさんは炭鉱に通う平凡な毎日が続いた。最初のヒューズ邂逅から9年後、遺言状が見つかるまでヒューズ氏からは何の音沙汰もなかったという。

メルビンさんは腫瘍摘出手術、骨髄移植、放射線療法で物入りな状況が続いたが、今はユタ西部の小さな町で食肉輸送の自営をやりながら糊口をしのいでいる。幸い夫婦仲は円満だ。



本当か、嘘か



「1978年の訴訟で偽証言と証拠隠滅で遺産相続権を剥奪された」として今年6月12日、メルビンさんはヒューズ筆頭遺産相続人ウィリアム・ルミス氏と、ヒューズの企業複数のCOOを務めていたフランク・ゲイ氏をユタ地裁に提訴した。従兄弟17人と税務局が遺産分与してしまった後なので望みは薄いが、1億5,600万円と懲罰的損害賠償、利息の払い戻しを求めている。

以上が大雑把なあらましだが、みなさんはどう思われただろう? メルビンさんにはお金が入用な理由が五万とある。しかし、偽造なら指紋は残さないだろう。「謎の紳士が云々」という話もいかにも嘘っぽく、こんな大それたこと企てる人にしては随分お粗末という気がしてしまう。

では仮に本当だったとして何故ヒューズは、「命の恩人」とも呼べない、行きずりの赤の他人に、人生狂っちゃうぐらいの途方もない遺産を残したのか?

病気で大変なメルビンさんの窮状を知っていた? 気まぐれ? 親類縁者へのあてつけ? 道中ともに過ごした時間が格別な意味を持つものだったのか? 

故人となっては知る由もないが、晩年ホテル最上階に篭って細菌と下界との接触を遮断した孤独な富豪と、地下何百フィートという炭鉱の暗がりで真っ黒になって生きつなぐ底辺の人間というのは掛け離れているようで、どこかで映し鏡のように共鳴するものなのかもしれない。

ユタのラジオで近況を語るメルビンさんはこちら



シュワ骨折:Gov. Schwarzenegger Breaks Leg Skiing

Heavenly Valley

I'm back from Heavenly Valley. The Gov. Schwarzenegger's news was heard in every corner of the Ski Resort. "Chuck Norris broke a mountian during his skiing trip," some said on digg. This time the mountain seems to be all right. - A Merry Christmas to you all!

先ほどタホより帰還。スキー場はパン屋もカフェもシュワルツネッガー知事(59-スタローンと同じ7月生まれだから、ちょうど1歳下)の話でもちきりだった。休暇先のサンバレーで家族とスキーの最中、転んで右大腿部を派手に骨折したらしい。LAに帰り次第、手術を行う。ターミネーターのジョン・コナーみたいにはいかないようだね。「チャック・ノリスはスキー旅行で山を壊した」(digg)なんて話もあるが今回、山に損傷はない模様。- Merry Christmas!

Tags:

December 20, 2006

英国ホンダ・シビックのCMのパロディー:Parody of Honda Commercial

See its original first.
まずはオリジナルをご覧ください(作曲関係の方のエントリ)。

Parody by 118118.com


[Off-Topic/おまけ]
上記オリジナル掲載ページにヒロさんが書いてる自動車メーカー社名の裏読み。これは日本語に置き換えると上から順に;

FORD (路傍で遺体見つかる)
GM Corp(念入りに作ったゴミ)
FIAT  (また直してくれ、トム!)
BMW  (売○め! 泣け~、呻くのだ~)
TOYOTA (この車、○ンキーたびたびボッタくりにつき)

Tags; ,

米世論調査「次のビル・ゲイツはアジアから出る」:Next Bill Gates Coming from Asia?

A poll of Americans' Internet attitudes released today shows that most Americans polled think "the next Bill Gates is more likely to come from China or Japan than the United States."
"The next Bill Gates has already been born, and time will tell what country is providing the environment of innovation, entrepreneurism and opportunity to enable him or her to flourish with the next great idea,"
463 partner Tom Galvin said in a statement accompanying the poll. More on Mercury.

「アメリカ人の多くは、次のビル・ゲイツが米国ではなく中国か日本から生まれる可能性が高いと見ている」ことが、今月Zogby/463が米国の成人1,203人を対象に行った最新のネット世論観測調査で今日明らかになった(誤回答率±2.9%)。
「次のビル・ゲイツはもう生まれている。彼/彼女の偉大なアイディアが開花するようイノベーションと起業精神、チャンスを提供している国がどこか、それは時間が教えてくれるだろう」
463社パートナー、トム・ガルビン氏は講評の中でこう述べた。

主な注目点は以下の通り。

夕方のテレビニュースの方がユーザーの作った動画より好きだ 全体の3分の2
今から10年以内にインターネットは世界中どこからでも接続できるようになる 66%
次のビル・ゲイツの出身国は 中 26.7%
日 22.4%
米 20.8%
印 13%(*)
車がない場合より、ネットとメールに接続できない方が仕事に支障が出る 年収10万ドル以上の高所得者層の31%
国会議員より12歳児の方がネットのことはよく知っている 83% (*)
*年収10万ドル以上の高所得者層では「米、印、中」の順。
*「テッド・スティーブンズ上院議員の YouTubeの影響か」とマーキュリー紙は分析している。以下がその演説「Series Of Tubes」のリミックス版だが、これは今年6月28日ネット中立性論争の法案審議の最中に同議員が「ネットはトラックじゃない、チューブの連なりだ」と語り、「配管工事じゃあるまいし、普通はTunnelとかpipeでしょう」と一蹴されたもの。擁護派もいる。




[via San Jose Mercury News]

December 19, 2006

ミス・アメリカ飲酒騒動:Donald Trump Gives Miss USA a Second Chance

(photo courtesy of FoxNews.com)
Who cares!?
Full Story, AP vid, Tara Conner's Photos

UPDATE: Neither misfortuned Miss Nevada, Katie Rees nor Miss Teen USA were given a second chance...

ドナルド・トランプってNBCと共同でミス・ユニバースとミスUSAの主催団体を所有してるのね…知らなかった。

今年4月ミス・アメリカの栄冠に輝いたケンタッキー出身の美女タラ・コナーさん(写真中、受賞直前の写真)がNYでパーティー三昧。クラブのオーナー、MTVのVJ、アメリカンアイドル司会者など交際の挙げ句、未成年飲酒していた事実がタブロイドにすっぱ抜かれた。タラさんは昨日が21歳の誕生日。アメリカでは21歳未満の飲酒は法律で禁じられている。

あわやタイトル剥奪と思われたが、今朝トランプが直に会って話を聞いたところ「とても良い子だし、気立てもいい。(リハビリ、ドラッグテスト、更正を条件に)セカンドチャンスをやることにした」と発表、タラさんが会見で涙ながらに改悛を誓うという、まったくどうでもいい動画が今日は繰り返し繰り返し流れている。トランプの番組もこれで低視聴率脱出かな?

UPDATE: ネットに17歳のときのポルノ画像(初出Canada.com)が出回ったミス・ネバダは即降板(やはり画像の方がダメージは大きいね)。タラさんとクラブで夜遊びしていたミス・ティーンUSA(写真右)も未成年飲酒反対運動の団体からクレームがついて降板、セカンドチャンスは与えられなかった。

Tags; , ,

還暦のロッキー:Rocky Balboa Hits Theaters


Official Site
The Rocky Balboa hits theaters tomorrow.  Sylvester Stallone, born on July 6, 1946, is 60 by now, and we all know this is the final installment of three-decade-long movie series. Go, Sly!

還暦パ~ンチ! 「ロッキー」シリーズ第6作が全米シアターで明日封切りになる。「もうジイちゃんなんだからよせよ」と言う冷たい息子の反対を振り切ってリングに立つ。シリーズも早30年。銀幕でロッキーを見るラストチャンスになりそうだ。

現実のスタローンはシチリア出身の美容師と占星術師ジャッキーの間にできた子ども。後にハワード・スターンの番組で母親が語ったところによれば堕ろせという父親に堕ろしたと嘘ついてコッソリ生んだ男の子らしい。う~む、星のお告げか?

Tags;

December 11, 2006

Wii安全マニュアルのパロディーの壁紙:Wii Safety Manual Desktop

I made a slide using some of images from Wii Safety Manual (Parody) Desktop (Ecru,Teal). アメリカ人が作ったWii安全マニュアルのパロディーが壁紙(ベージュ水色)になったので、ちょっとスライドを作ってみた。パンツにコンソール入れてるのはこのひと



[Off-Topic/おまけ]
「Fu○○in' J○p」事件まとめサイトvia
↑ネット動画元年の混乱を象徴するできごととして記憶に留めておきたい。

Tags; ,

Revolution - A Response To Dove Evolution

See the original 'Dove Evolution' first.
まずはオリジナルをご覧ください

Parody - 1 "Revolution" by HodgsonMoffat (YouTube)




The Hole - video powered by Metacafe



Parody - 2 "REVOLUTION" by TuffSheet.com (YouTube)



Tags; , ,

December 10, 2006

ジェームズ・キムの死:James Kim Remembered

(courtesy of SF Chronicle: Click to enlarge)

黄:林道先で遭難 /青:上から衣類が点々と残っていた(一番下が遺体発見現場)

AP reported that some online map might have led him to take fatal turn, but it turned out they were not using a computer in the car. If there was anything to be blamed, that's the gate lock a vandal had cut, but it happens all the time. All the details are so familiar. This could happen to anybody. Cell phone signals and footsteps James left helped rescue his beloved ones, while he, obviously disoriented, ended up so close to his families. "His father, an executive of an aerospace corporation, was able to get a satellite moved in space to help find his son," reported Michelle Quinn on SJ Mercury.

今日も朝から雨だ。オレゴン南部の雪山で先月25日に遭難し11日目に遺体が発見されたCNetシニアエディター、ジェームズ・キムさん(35)のことを、またつい考えてしまう。

この1週間の報道合戦で耳にした人も多いと思うが、キムさんはケーブルのTechTVでガジェットの紹介をしていた人。生前の様子は転職先のCnetの追悼記事でご覧いただける。

旅先で海岸の宿泊先に向かう途中、林道に迷い込んで遭難。燃料と食料が底をついて7日目、救助を求めるため妻と娘2人(7ヶ月、4歳)を車に残して外へ出たジェームズさんは、そのまま帰らぬ人となった。残された家族はジェームズさんの残した足跡が手がかりとなって4日無事救出。ジェームズさんは約25km歩いて渓流に足を滑らせ脱水症状のまま息絶えた。渓流を下れば町に至ると判断したのだろうか。やり切れない話である。

事実経過(Wikipedia):
  • 11/25(土)9:00pm - 主要道I-5沿道のデニーズで夕食を採って南下の途中、州道42号出口をおりそこねたキムさん一家は、そのまま88km南下して林道23号(ベア・キャンプ・ロード)経由で臨海101号に出ようとする。
  • 10:30pm - 天候悪化。23号の途中で進めなくなりI-5に戻ろうとするが、そこで誤って通行止めの林道に迷い込み24km先で雪にタイヤがはまる。上の地図のオレンジから黄、これがそのフェイタル・ターンだ。入り口にあった通行止めのゲートは誰かのいたずらで開いていた。問題のゲートは23号入り口。「誰かのいたずら」ではなく土地管理局(U.S. Bureau of Land Management:BLM)職員が開放していたことが後の調査で判明した
  • 11/26(日)1:30am - 車内の携帯がメッセージ受信、最寄りの中継タワーに受信記録が数秒間残る。
  • 2:00am - エンジンを切って就寝。夜間の降雪で車は雪に閉ざされる。
  • 11/30(木) - 同僚がサンフランシスコ市警に失踪届けを提出。
  • 12/2 (土)7:45am - 7日目、ジェームズさんは焚き火をおこして「1時までには戻る」と言って歩き出すが、考えていた距離(6.4km)より実際の町はもっと離れていた(22.4km)。
  • 12/4 (月)1:45pm - 携帯受信ポイント周辺を捜索していたボランティアのJohn Rachor氏のヘリがジェームズさんの足跡を発見。それを辿って車の遭難場所を割り出し救助ヘリに通報、家族は無事救出。
  • 12/6 (水)2:00pm -ジェームズさんの遺体発見。

二人が迂回ルートに選んだ23号は冬場は地元の人が避けたがる難所。これを迂回の近道と推奨するオンライン地図を見たのでは?とAPは報じたが、後の遺族の証言で遭難時パソコン(3台あった)は使っていなかったことが判明している(ネット地図の情報は即時更新された)。

遺体発見の第1報(MSNBC)には水曜正午までに100万PVが殺到し、追悼サイトjamesandkati.comには何千通というメールが寄せられた。Cnet日本語版ブログではFirefox開発者ブレイク・ロスの追悼文をもって総括にかえている。

アメリカでは深夜の雪道で道を1本間違えると本当に“神隠し”のように下界と閉ざされてしまうことがあって、誰にでも多かれ少なかれこれに近い経験はある。誰がそこにいてもおかしくない、という点で今回の遭難事故は多くの人の共感を呼んだ。

自分は水も食料もガソリンもない車の中で赤ちゃんに母乳を与えながら9日間、待てるだろうか? 7日間飲まず食わずの衰弱し切った体で深雪の山道を25km 歩いたジェームズさん。遺体が見つかった場所は食料の備蓄がふんだんにあるロッジから11kmと離れていなかった。身を切る渓流に仰向けとなったジェームズさんは最期に何を思ったのだろう?

家族は捜索ヘリ4台を雇い、航空宇宙関連の企業で幹部を務めるジェームズさんの父親は大気圏外の衛星から息子の居場所を探そうとしたらしい(サンノゼ・マーキュリー)。

Tags;

December 6, 2006

3つの封筒:The Envelope, Please

"Looks like it may soon be time for Semel to crack open envelope No. 3,"John Paczkowski predicted in his latest column"Hey Terry, ever hear the one about the CEO and the three envelopes? " Oh, God... it's a good one. Makes me want to read the rest of Hal's stories.

社内メモ「ピーナツバター・マニフェスト」(全訳)で揺れるヤフー。今回は奇跡的に首が繋がったセメルCEOだが、「遠からず3通目の封筒を破る日がくるだろう」というのがGMSVの予想だ。同じ「首の皮1枚」でも、ナカナカうまいこと言う。

The Envelope, Please
by Hal Dendurent, Catalyst

- in Japanese

モリスは、とある大手ハイテク企業の新CEOに雇われたばかりの男。

前任のCEOはモリスと二人だけで会って彼に3つの封筒を渡した。見ると、それぞれ番号が振ってある。No.1、No.2、No.3。「なにか解決できない問題に突き当たったら、これを開けなさい」、会社を去るCEOはこう言った。

仕事はとても順調に進んだ。しかし6ヶ月が経つと売上げは落ち込み、モリスもだいぶ干されるようになった。 途方に暮れた、そんなある日のこと。彼の脳裏にあの封筒のことが…。引き出しに行って最初の封筒を取り出してみると、中にはこんなメッセージがあった。「前任者のせいにしろ」

新CEOモリスはさっそく記者会見を開き、前CEOがやったありとあらゆる所業を叩きまくって首尾よく株をあげた。彼のコメントに満足したマスコミ -- さらにウォール街 -- は前向きに反応し売上げは回復、問題はたちまち過去のものとなった。

やがて1年が経った頃。会社は再び売上げの減退と製品に関わる深刻な問題に見舞われた。 前の経験にならってCEOはすぐさま2つ目の封筒を開けてみた。中にはこう書かれていた。「組織再編だ」。彼はその言葉通りにし、会社はたちまち立ち直った。

黒字の四半期が何回か続くと、会社はまた難局に陥った。モリスは自分のオフィスに引きこもってドアを閉め、3番目の封筒を開けた。

中にはこう書かれていた。「封筒を3つ用意しなさい」

[via GMSV]
Thanks for the link! >偽九工犬無線部

Tags; ,

December 5, 2006

Xマスプレゼントを早くあけた少年を逮捕:Never Open Xmas Gift Early, Or Else...

...you'll get arrested.
「母親の許可無くプレゼントを開けた」-母親からの通報を受け南カロライナ州ロックヒル署は日曜朝、長男(12)を逮捕した。調書(写し)によればこの少年は、家族に絶対開けないよう指示されていた任天堂ゲームボーイをクリスマスまで待ちきれずに開けてしまったもの。これは少年法の定める軽窃盗罪に当たる。ザ・ヘラルド からの取材に対し母親(27歳のシングルマザー)は少年を普段から乱暴な子だったと説明、今回の逮捕をきっかけに学校や家庭で言うことを聞かない態度が更正してくれれば、と語った。

[Smoking Gun "Boy Arrested For Opening Xmas Gift Early"]

ボツになったWii安全マニュアル図版: Wii Safety-The Missing Pages


Today I translated Jason Chen's "The Japanese Wii Safety Manual is Crazy," in which he added mocking captions to original copies first appeared on Kotaku yesterday. It will appear on Gizmodo.jp in the next couple of days, and I can't wait to see what Japanese readers have to say about it. (update: here it is!)

In the meanwhile here's its parody "Wii Safety: The Missing Pages" created by e Iconfactory. To my surprise, it's been dugg as much as Kotaku. Wow...

今日翻訳を担当した原稿Kotakuに昨日初出で大反響となった「日本語版Wii安全マニュアル」に系列のギズモード米版ジェイソン・チェン記者が爆笑解説を試みたもの。ちょっと気になって今、この安全マニュアルのDigg状況調べてみたら1000に迫る勢い。しかもアメリカ人デザイナーが作ったパロディー「ボツになったWii安全マニュアル図版集」(上)まで出ているし、そっちも1000Digg近い!…好きだねえ、アメリカ人。

Update: "The Japanese Wii Safety Manual is Crazy" in Japanese got 151 positive points at newly launched Japan's Digg, Newsing (below). It's quite a number for Newsing points. Also I noticed nobody got offended by Jason's joke. One said he liked the Blue Ray part the best. ギズモード日本版に“不可解なWii安全マニュアル”として6日付けで配信された。NewsingのスクリーンショットをKotakuの初報についたDiggと並べておこう。使ってる図版は一緒だよ。

-USA-
Gizmodo Japan's Entry (151 points)
日本語版「不可解なWii安全マニュアル」は151 Points

Wii Safety Manual Desktop (teal) was released. (Who's gonna use it! lol) Enlarge it and you'll notice its Japanese description is as surreal as Wii's original Safety Manual. パロディーの成功に気を良くしたデザイン会社が、よせばいいのに壁紙水色)リリース。誰が使うんじゃい! しかも日本語むちゃくちゃです(汗)。

Update: I made a slide. 壁紙でスライド作ってみました。

Tags; ,

December 4, 2006

アップル予想屋ケビン・ローズ:Rose's iPhone specs



When it comes to Apple rumor, Kevin Rose has been the most reliable source. He, for example, was the one leaking nano info and Core 2 Duo Macbooks and Macbook Pros. How about this time? Details on Diggnation (YouTube), TechCrunch, GMSV, and scripts on RedHerring.

マックワールドに向けiPhoneのスペック予想が盛り上がっている(まとめはmaclalalaさん)。

アップル予想とくればバレーの界隈ではソーシャルニュースサイトDiggの創設者ケビン・ローズが有名だ。nanoもCore 2 Duo MacbooksもMacbook Prosもローズ予想はピッタリ当たった。ここまでしゃべっても訴えられないところを見ると「CEOの肝入りなんじゃ?」という憶測もまんざらウソには思えないのだが、その彼が週末ビールをあおりながらDiggnationで初めて具体的な数字を語ってくれた(YouTube、詳細はTCEngadgetGMSVTUAWRedHerring)。

「ローズのご神託」でスペック予想の方はひとまず落ち着きを取り戻したが、問題は製造数だろう。中国紙Commercial Timesが11月15日に伝えたところによると、製造を受託したのはiPodの製造も手がけている台湾のOEM大手Foxxconn(Hon Hai Precision)で出荷は2007年前半を予定。イニシャルの製造オーダーは1200万台、という。

仮に2007年で2900万台を売り上げた場合、年間売上高は「60億ドル」というのがベアー・スターンズの予測だ(ASP=300ドルで換算)。

あと一つの焦点はオム・マリックの「iPhoneはアンロックになる」という大胆予想だが、これはローズが「iPhoneはキャリアを選ばない」と言ってるから…もしかしてもしかする?

一連のiPhone予想合戦はアップルが今年8月に出願したワイヤレス接続対応の携帯電話+メディアプレーヤー+コンピュータ端末」(出願登録番号No 20060268528)が先週公開となったことを受けたもの。

日本市場に投入があるとすれば契約更新が集中する春が天王山と見るのはITMediaだ。この記事にあるようにキャリア主導型の今の日本のモバイル産業に風穴をあけることができるんじゃないか、と期待が高まる。今年春にはソフトバンクのボーダフォンと提携で年内発売、という日経の報道もあったが、さて?


Tags;

December 1, 2006

スコーブル氏が鮨屋でジョブズ氏に初遭遇した時の話: "My first Steve Jobs meeting" in Japanese


Here, I translated Robert Scoble's "My first Steve Jobs meeting" posted on Aug 19 last year, and Dave Winer's Scripting News: 8/19/2005.

(photo courtesy of Kyo-Ya Restaurant)

以下の文章はアルファブロガー、ロバート・スコーブル氏が昨夏サンフランシスコの鮨屋でスティーブ・ジョブズ氏に初遭遇したときの模様を書いたもの。ここで触れたけど今読んでもおかしいので訳しておこう。


My first Steve Jobs meeting" -Scobleizer, 2005.08.19

すごい。デイブ・ワイナーとディーン・ハチャモビッチと僕でサンフランシスコの京屋っていう鮨屋でランチしてたんだ。ここにはちょうどブログ・ビジネス・サミットで来てるんだが。

ともあれ僕らのテーブルの脇を男の2人連れが通っていった。するとディーンが、「おい、今のスティーブ・ジョブズじゃなかったか?」って言うわけ。

僕は一目見て「YES」って言った。いつもの黒タートルにジーンズ、間違いない。

さっそく外に出て自己紹介した。「どうも、ロバート・スコーブルです。マイクロソフトの社員です、 お会いできて光栄です」 デイブとディーンも歩いてきた。「ご紹介します、こちらはディーン・ハチャモビッチ、インターネット・エクスプローラのチームを率いています。こちらはデイブ・ワイナー」

すると、ジョブズはこんなようなこと言った。「おお、よろしく。うちの丸々コピーしてくれてうれしいよ」 あちゃー。でも、そしたらディーンのやつ、IEとWindows Vistaは他のところも見てくれ、ぜひ彼に見てもらいたい新技術がいくつかあるから、って言い出すんだよね。スティーブは親切にも僕らにメールアドレスを渡して、ここに送ってこいって言ってくれたよ。

もうブログ・ビジネス・サミットの廊下(休憩時間)はこの話題でモチキリさ。今はTechnorati で働いてるTantek Celik(マック対応版IEを手がけたメインの製作者の一人)なんてアップルがマック版IE 4コピーしたのはどうしてだ、そう聞いてやれば良かったんだ言うしね。

ああ、おもしろ過ぎるぜ。デイブ・ワイナーも「写真に撮っときゃ良かった」って言ってたな。

僕もどうせならタブレットPCやVideo iPodいつやるのか、インテルマックではWindowsも動くようになるのか、もっと気の利いたことスティーブに聞いとくんだった。なんせスターを目の前に僕自身ちょっと上がり気味で脳みそがもうカチコチに凍ってしまったんだ。


以下はデイブ・ワイナー証言 - Scripting News: 8/19/2005

今日スコーブルとディーン・ハチャモビッチと一緒に昼飯食ってたらレストランを出るスティーブ・ジョブズが見えた。みんな外に出て握手した。僕が何者かは分からなかったと思う。ディーンにはものすごい悪態ついてたな。よくも自分らの機能を何から何までIE7でコピーしやがったな、って。いやあ、面白かった!!  写真撮らなかったのが残念。
***

スコーブル氏の10月の近影はxpotechi氏がこないだScobleShowの記事からLINKしていたシアトル・ビジネス・ブリッジ「アメリカ最強ブロガーカップルが伝授する超人気ブログの10の秘訣」でどうぞ。ワイナー氏の写真はここ、ハチャモビッチ氏はここ。ちょっと挿し絵が欲しいエピソード?

Tags; , , ,,

あの任天堂キッズがBMWのCMに登場!:N64Kids in BMW Holiday Commercial


Above: BMW ad / Below: original (上:BMW広告 / 下:原作

Remember Nintendo 64 kids? I saw them on TV this morning. "For Wii ?" I thought, and then... LOL. As someone mentioned in the comments, BMW made the box into a toy robot, replacing the name with "UberRoboto." videogamesblogger wrote, "You can still tell it’s a N64 box despite the edits." Yeah, they're celebs.

ココでチラッと触れた任天堂64キッズが今朝テレビのCMに出ていた。「出演」ではない。ネットの動画をそのまんま使ったのだ。

「お~、Wii?」と思ってたらいきなりBMWに切りかわって、「願いが叶ったあの日のこと覚えてますか? 今でも願いは叶います」(英文) -ちょっとちょっと! それ任天堂で舞い上がってんでしょー!! (笑)

YouTubeのコメント読んで初めて箱がロボットに摩り替わってることに気づいた。冒頭の「Nintendo 64!」という絶叫はカット、商品名も「UberRoboto」…ドイツ語だ。

いまどきの子どもがこんなロボットで舞い上がるわけないんだけど(下の動画でリモコンカーの反応を見よ)、さすがのBMWも任天堂の宣伝はまずいと思ったのだろう。

URL:N64Kids.com
Tags; ,,,