February 27, 2007

カノンロックのトリビア:Canon Rock Trivia

Before (02:08)
After (02:06)

Trying to update my previous entry, I realized that NYT 'revealed' FunTwo's true identity just a couple of weeks after my posting. By now, Wikipedia has entries about its arranger Jerry C and Jeong-Hyun Lim, a.k.a. FunTwo. I'm happy to know they credited JerryC for arranging the song, though Digg folks say JerryC should be the one with the article about him ( I agree).

People will argue all day long over who plays the best and there are no clear winners. "Less is better" blog compared Symheris (France) with FunTwo. In the comment field, it provides Canon Rock Tab location (JerryC no longer provides it on his web) and the following tips. ;
[...]Funtwo stopped when the song goes to that sign with the green walk sign. If you look at the bed sheets you will see they have moved slightly.... Also if you look at where the mouse is and the positioning of the mouse mat you will notice it is moved as well...Thus by not playing the entire song the entire way through he loses this fight...I can't believe no one has noticed this... (posted by TenchuX on Dec. 18)
Actually iamexcite at Digg had already pointed it. So I captured the images to see the difference. Yeah, they're right...the mouse grows in two seconds with the mouse pad sliding a little away from FunTwo. Devil's details...;)

But again, FunTwo has already admitted in NYT interview that he had recorded the video and audio independently. So, if he combined the best performances together, it's OK. Everybody does it, and he never imagined he'd stay on top of YouTube for such a long time.

I wish each one of those great Canon Rockers get what they deserve. Just like Coke+Mentos guys who got a contract, Asian Backstreet Boys, Rahmens who now plays in Get a Mac ad, and ...hey, what happened to the Revolution of Dance guy? Any news? :)

Look at Jerry C. He's way too skinny. Why doesn't he put some donation box or wish list on his web? Or is there any other way to monetize it? ...I'm just wondering.


Jerry C(Taiwan) / FunTwo(Korea)
Virose(Indonesia) / Symheris(France)



カノンロックのFunTwo君、本名はJeong-Hyun Lim君という。

ソウル在住の23歳でギター歴6~7年。2000年に1ヶ月ギターを習った以外は独習だ。ニュージーランドのオークランド大学 に数年留学経験もあって英語は堪能。来月そちらの大学に戻る予定らしい。カノンロックはネットでJerryCを見て夢中になって彼のウェブからTabをDLして掲示板のアドバイスを参考に練習した-。

昨夏「カノンロック聞き比べ」というエントリを書いて約2週間後、こんなFunTwoの“正体判明!”のニュースがNYタイムズに載った。続報ではJerryCの話もあるし、ニセFunTwo(マイスペースに「自分がFunTwoだ」という嘘ページ作ってすぐ削除した子がいた)の写真やコードの解説もある。Diggでは「JerryCを取り上げるべきだろう」との批判が目立ったけどね。まあ、おかげで今は2人ともウィキに入る有名人だ。
Jerry C
FunTwo(本名Jeong-Hyun Lim)

一番うまい弾き手はだれ? という議論は相変わらず続いているけども、昨夏と違って最後は「やっぱり編曲して広めたJerryCが偉い」というオチが目立つようになった。

ここのブログさんSymheris vs. FunTwo対決で盛り上がっている。コメントが妙に面白くて読んでたらCanon RockのHTMLタブ解説)とあと一つ、こんなコメントが…。;
[...]Funtwoは青信号のところで演奏やめてるんだ。ベッドのシーツを見てごらん。ちょっとズレてるだろう。マウスマウスパッドの位置もそう、動いてる。通しで弾いてないから勝負は彼の負け。誰もこれに気付かないなんて信じられないよ。(TenchuX氏、昨年12月18日付け)
実は同じ指摘はDiggでも8月に出ている。確かめてみたのが上のスクショだが、どうだろう? マウスは確かに2秒で大きくなっている。マウスパッドもややズレてるような…。細部の悪魔。

でもFunTwo君、これ別に隠してるわけじゃなくてNYタイムズには「録画と録音は別々にやってます」と正直に話してる。ベストなパート繋ぎ合わせるのなんてレコーディングではみな普通にやっていることだし、まさかこんな長くYouTube音楽部門のトップ独走するなんて本人も思っちゃいなかったようだから…。

「まだまだっすよ、もっと練習しなきゃ」、「ビブラートが甘いって言われたので今特訓中です」…と、飽くまで謙虚なFunTwo君。このアジア人特有の“謙虚さ”がまた感動なんだけど、同じアジア人としてはJerryCもあの后舍男生とか、ラッセル・ピーターズ とかCoke+Mentos契約とった2人鮨ビデオで有名になったラーメンズみたいに契約とれんのかしら?とつい思ってしまう(ダンスの進化の彼は今…?)。 ウェブでこれだけ話題で収入がゼロっていうのは哀し過ぎ。「もうちょっといい生活させてやれ」というxpotechi氏に1票だなあ。

パッヘルベルのカノン(英名「Pachelbel's Canon in D」、原題「Kanon und Gigue in D-Dur」) は1680頃作曲された室内楽。子どもの頃から馴染みのあるこの曲を、台北のギタリストJerry Chang氏(25)が2005年夏、2週間がかりでアレンジしたのが「カノンロック(Canon Rock)」で。動画をGoogleVideoにアップするなり世界中からTab、バッキングトラック、バスラインの問い合わせが殺到、氏はウェブのLESSONコーナー(現在閉鎖中)で情報を公開した。日本の練習サイトはここ(ほかにもご存知の方がいらしたら教えてください)。

February 25, 2007

ハイテク版「2頭の牛」:Holy Cow! in Japanese

Remember the two cows joke?
Here's technology vendor twist;)

ネットで進化を続ける「2頭の牛」。最新版はこちらで紹介したけども、以下の文章は元ガートナー業界アナリストVinnie Mirchandani氏(Deal Architect創業者)が考えたテクノロジー・ベンダー版「Holy Cow!」ね。


ACCENTURE
牛が2頭。子牛は何千頭といる。スクールバスをコンバートして輸送に使う。

APPLE
牛が2頭。2頭ともすこぶる機嫌が悪い。iPhone商標の和解成立で調子に乗った会社が、今度は「Big Mac」の広告キャンペーンに乗り出すと噂になっているのだ。現広告のデブなPC君がVistaをみんなにスーパーサイズで頼む設定らしい。

AT&T
牛が2頭。1頭を売り、残る1頭に4頭分のミルクを強要、コンサルを雇って牛の死因を検分させる。売った牛を買い戻して別のコンサルを雇い、呼び名を改める。

イギリスの電話会社
牛が2頭。どちらも狂っている。

GOOGLE
牛が1頭。牛の1インチ四方を広告スペースとして売る。尻尾には「悪いことはしなくても金儲けはできる」とあるが、そこを取っ払ったらもっと広告スペースが空くんじゃないかと思案中。

GROUPE BULL(パリ郊外のIT企業)
牛が2頭。ストライキを起こして暴動を扇動し、道を閉鎖する。3頭欲しいのだ。

HP
牛が2頭。ミルクをインクカートリッジに梱包する。オンス当たりの単価はSAP牛乳よりまだ高い。

HUAWEI(華為技術
牛が2頭。労働者は10億人。世界で最も安いミルクだが、中国の検閲に引っかかってGoogle牛に製品広告が出せない。

IBM
牛はたくさんいる。みんなブルーのミルクを出し、首まわりが赤い水玉になっている。

INFOSYS
牛が2頭。バンガロールの街中を自由に闊歩する。市民は牛成長モデル~レベル5の牛として道を譲り、崇め奉る。

MICROSOFT
牛が101頭。名前はVista、Media Center、Mobile、Lucky、Pongo....

NOKIA
牛が2頭。10分の1サイズでミルクは12倍出すよう再設計する。エンジニアは常にアンテナ増設場所を探している。

ORACLE
Microsoft同様、牛はたくさんいる。なのに、ほっつき歩いて、みんなの牛を買おうとする。

SALESFORCE.COM

牛が2頭。他人には「牛は要らないよ、ミルクさえあれば」と言う。毎朝6時のミルク配達を99.9%のサービス水準で行うことを約束する。

SAP
牛が2頭。名前はR/3とA1S。Microsoft牛の名前はあまりにも1990年代風だと思っている。ミルク1ガロン当たりの単価は、Huawei(華為技術)の牛全部を束にした値段より高い。

TELESP - Brazil
牛が2頭。訓練してエタノールを搾り取る。

February 23, 2007

マイクロソフト&グーグル&ヤフー就職体験記:Microsoft Google Yahoo Stories

He can be Yahoo's Scoble...:) Great read.

先週おもしろかったのは、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校から出た社会人1年生が書いたサーチ大手3社インターン&就職巡りの記録「My Microsoft Google Yahoo Stories」。あんまり深い仕事の話は書いてないからベテランから辛口なコメントもついてるけど、新卒にしか書けない文章って、あるよね。

気になったところだけ拾っとこう。


マイクロソフト

1年のときからACMのWindowsプログラミング学生グループに所属、最後は会長を務めた。前任者が後釜探してるって友人(現MS研究所勤務)にきいて、「XBoxタダでもらえるんなら」と3人でディナー(MSのツケ)して決まった仕事だ。報酬はいい。XBox、ポケットPC、ソフトなんかの玩具を学生や教授の研究プロジェクト用にタダで配ってMSのグルーピーを養成するのも仕事の一部だから、学生からは無料XBoxおねだりのメールがよく来た。

XBox勝ち抜き戦、インストール祭(WindowsやVisual Studioの無料設営会)、プログラミング・コンペなんかのイベントやって、高級イタ飯に学生のリーダーを連れ出して経費でおごったり。シアトルも行ったけどクライマックスは何といってもブラジル1週間だ。これは高級ホテルでパーティー三昧して朝4時にルームサービスとったりして豪遊した。プライベートジェットでイグアス滝も見物したし。

でも良いことは永続きしないもので(僕らの金遣いが荒かったせいか)SC制度は廃止になって学生アンバサダープログラムになってしまった。あれは思うに、17歳がやる仕事としては最高の仕事だった。


MSインターン時代

学生コンサルということでMS採用担当から声がかかり本社まで面接に飛んだ。ウェブプラットフォームのチームに会って、Visual Studioの次の次の次のバージョンをやってるチームに会って…丸1日缶詰でオフィスを引きずり回されたよ。

面接は上首尾だったけど最後の面接官の質問には参った。malloc() とか free()とか。メモリーロケーションの有無なんて頭に残る方がおかしいって。及第点の答えを出したつもりだけど面接官はもっと良い答えを知ってるげに見えた。

こうして晴れてMicrosoftプロジェクトのSEになれたわけだけど実言うと面接は二度目。1年生の時にはニベもなく落とされてる。やはり「プログラミングで一番厄介だったバグは何ですか?どう解決しましたか?」ときかれて「僕のプログラムにはバグがありません」と答えたのはまずかった。

2004年夏はモトローラを蹴ってMSへ。レッドモンドの美しい本社に向かうときはドキドキした。長く親元離れるのは初めてだったけど社宅は快適でみんな親切だった。メンター(相談者)には博士号の開発者がついてくれて、大規模会議のスライドで使う製品のコア機能の担当に。毎晩パーティーで、僕が住んでた16号棟脇のグランドには他チームの祝賀用の巨大テントも立っていた。たくさん製品があって毎日何かがローンチしてる、それがMicrosoftだ。

インターンは総勢約500人で交流イベントも盛ん。でもやはり忘れられないのは水辺にあるビル・ゲイツ邸に招かれてのBBQだね。とにかくすごい豪邸で90%は木立ちに埋もれて全容が見えないんだ。深夜にようやくビルGが登場するとインターンに握手攻めになって「MSの未来をどう位置づけるか?」とまるで記者会見だ。僕は、気さくに答えるゲイツの2フィート後ろにいたんだけど話は上の空で、そのやや擦り切れた普通の靴を眺めていた。世界一の金持ちが履く靴はどんなだろうとアレコレ想像を巡らしていたのだけれど、実際の靴はそのどれとも違っていた。

インターン交流はホワイトラフティング、フリスビー、(会議室のプロジェクターでやる)HaloトーナメントにTexas Hold’em、Mafiaは毎週末だ。正社員にはキュービクルじゃなくて個室があてがわれる。MSのインターンシップはとにかく最高。仕事は大変で残業もあったけど頭の切れる面白い人たちに大勢知り合えたし、ネットで有名なWindows開発者Raymond Chenは僕の研究プロジェクト用にスパムのコレクションをくれたよ。


Googleな夏

翌年の4月にはGoogleから夏期インターンの打診があって30分の電話面接を2回受け、片方の面接官だったエンジニアがメンターになった。無茶苦茶緊張したけど難問やショートプログラミングの出題のようなものはなくて質問は内容が実にいいんだ。今でも覚えているのは、「ある人が広告をクリックしました。何が起こりますか?」(←ブラウザ要求からサーバー接続、その先まで全ステップの名前を列挙した)、「不正クリックはどう検出しますか?」(←思いつく限りの方法を並べた)

チーム[社外秘]の担当は不正クリックの検出。これ言うとみんな面白がるんだけど、どこまで話していいかわからないので、この話はここでおしまいね。

インターンは大体がNASAエイムズの宿舎に住んでいる。よく見かける住人は武装した軍人、スカンク、暇なインターン、ゴキブリ。Googleのインターンは約100人でNASAのインターンが約200人といったところか。男女共用の学生寮みたいな雰囲気だけど周りには何もなくて各ゲートには警備がいてイチイチ行き先を尋ねてくる。

最初は一個一個ドア回ってBBQとか連れ出して友達になろうと思ったけど人数が人数なので数週間であきらめた。何もすることがなくてブラブラしてるインターンもいたし、週末みんなでベガスまで車で繰り出したこともあるね。

Googleにまつわる噂は、まあ、大体が事実さ。無料のグルメ社食は朝・昼・晩。その隣は台所で、シェフは皿に食事を盛りながら調理法や食材の説明をしてくれる。ありとあらゆる絞りたてジュースが揃っていた(以下略)。

てっきり通路でセグウェイ乗り回せるのかと思ってたけど、僕がいた夏の間は置いてなかったなあ。かわりにスクーターはあったけど僕が出社する頃にはビルにある3台とも鍵がもう無いんだ。「悪いことはしない」という社是も、ことスクーターに関しては例外だった。

すごいのは、しょっちゅう有名人や作家が講演にきて映画のチケットやら自著をくれること。素晴らしいプレゼンが目移りするほどあって、その気になれば朝から晩までギークなセレブ(ギークじゃないこともあるけど)のプレゼンにどっぷり漬かってられるんだよね。

無料のロゴTの棚にストックが入るとインターン専用のMLにすかさず通達が回って、ありとあらゆるビルからイナゴのようにインターンが押し寄せてきて上限2枚がアッと言う間に消えて無くなる。僕は幸いすぐ隣のビルだったからほぼ毎回2枚楽勝で、スーツケースが満杯になるまでもらった。

時々友だちを会社に呼ぶこともあった。一緒に食事して、ビリヤードやアステロイドやって、マッサージ専用椅子とかlovesacに座ったり、そこら中に転がってる玩具いじって遊ぶんだ。一度ラリーとサーゲイの休憩ルームに夜間まよい込んで彼のbop-itで遊んだこともある。てっきり普通のラウンジと勘違いしたんだよね。

青シャツの警備員はそれこそ社内いたるところにいる。全ビルのほぼ全ドアだ。まるで軍人みたいなもので、リクルーターが1ダースも警備員かき集めて、会社見学の子たちが社内をウロチョロしないようシッカリ見張れ、と指示出してるのは見ていて笑えた。近しくなった女性警備員の話では会社に誰もいなくなった夜間もビルを警備の人たちが監視してるということだった。Googleのものは全て社外秘で、常に監視カメラが見張ってる。


僕の将来はYahooに

卒業後はヤフーを就職先に選んだ。つい数ヶ月前までは大手検索エンジン3社中、就職希望先としては最下位だったんだけどね。大学の就職フェアでブースに寄って簡単な予備試験を受けたんだ。

翌日午後に面接だって言うんでペンとレジュメ余分に持ってって会議室で30分も待ったんだけど面接官にすっぽかされて。大学にヤフーがリクルートにくるのは初めて。それでも頭にきたね。もっと頭にきたのは大学のリクルーターに何度メール出しても返事がないことだ。ヤフー社内の友だちにも聞いてみたけど無駄だった。

それが何週間か経ってシリコンバレーに面接に何日か来いという話になった。マイクロソフトで一緒にインターンやった友だちがYahooハックデイのコンペで勝ってYahoo 社員 に問い合わせて採用責任者まで渡りをつけてくれたんだ。というわけで、サニーベール本社で丸1日半かけて面接やって今はこうしてデータマイニングのSDSのソフトウェアエンジニア、というわけ。

まだ働き始めてひと月ぐらいだけど職場環境はすごくいいよ。自分がもっているOS、アルゴリズム、データ構造の知識を、ヤフーの膨大な情報処理なら存分に発揮できるし、階下のカフェのバリスタもナイスだ。

Googleの非官僚主義がちょっと懐かしいけどね。Yahooでは課長の課長の上に部長が3人いて、さらにVPが3人いてやっとCEOだから。そうなんだよ、トップまで9回昇進しなきゃならないんだ。しかもネットで使うのは実言うと今もGoogleだったりする。

全ウェブから来る情報を膨大な数のサーバーに保存して死ぬほど処理する仕事なんだけど、チームの仲間はとてもクールで僕の性には合っている(求人募集中だよ!)。こないだYahoo! Japanの人気検索タームを一覧にするツールを書いたけどトップの検索用語は一度も聞いたことない英語だったな。(以下略)

~3社比較早見チャート:「最大の脅威」=M「成長鈍化」、G「広告“後”」、Y「G」とある。必見。~


[...]1日8~10時間労働もザラだけども時間はあっと言う間に過ぎていく。傍目にはライバルが検索・メール・写真・地図の各分野で凌ぎを削っているように見えるかもしれないけど内情はそうでもなくて、ただクールなもの作りたい賢い開発者が大勢集まって、コード書いてるだけなんだ。□

[Tasty Research, via /.]

February 22, 2007

NYタイムズが伝えた「日本のジャイロボールの謎」:The Japanese Gyroball Mystery - NY Times

On yesterday's NY Times, you can view Dice K's gyroball. ”Is the gyroball a myth, or is it real? And if it is real, what exactly is it?" Find the answer after the jump. (The book left is “Secrets of the Demon Miracle Pitch" mentioned in the article.)

NYタイムズが昨日、謎の魔球・ジャイロボールの特集を組んでいた。オンライン版「 The Japanese Gyroball Mystery」に行くと、レッドソックス松坂大輔投手が投げたと思われるジャイロボールが空気に与える影響を分析したコンピュータ画面が見れるよ。左の欄外では今週訪米中の生みの親・手塚一志氏(「魔球の正体」共著者)が披露したピッチングもスライドで紹介。直球とカーブの対比で違いをイラストで出すなど、なかなか力が入っている。

スコッツデールスタジアムのSFジャイアンツ宿舎では、手塚氏が日本から持ち込んだ解説DVDをバリー・ボンズに見せている(ボンズが川尻哲郎相手に苦戦してる2000年MLツアーの映像も入っている)。鑑賞後ボンズは「ちょっとスライダーみたいだね」と話し、「ジャイロボールだろうか?」ときくと、「(そもそもジャイロボールが)なんなのかよく分からないよ」と肩をすくめたという。



メジャーリーグでは約30年前にスプリットが認知されて以来、新しい球種は出ていないそうだ。2002年に「The Physics of Baseball」(右)を書いたRobert Adair氏は「(ジャイロボールは)基本的に神話だと思うが[...]バッターからすれば相手が時折これを投げると分かってるだけで心配の種が増えるだろう」、「クリケットの基本的な投げ方だが野球ではそれほど威力を発揮しない」と話している。

手塚氏がマウンドから“ジャイロボール”を投げ、「これだ!これがジャイロボールだ!」と「ヒステリックに」(記事)笑っている状況は一人浮いてるようにも見えるけど、こちらのブロゴスフィアでは本当かウソかで今、大変な論争になっているのだ。この記事も今朝の同紙人気Top5だから注目度は高い。

火曜に手塚氏がテキサスレンジャーズに大塚晶文投手を訪ねていった際、投手何人かが近寄ってきて「ジャイロボールは本当にあるのか」、「どう投げるのか」知りたがったとあるけども、これが今の空気じゃないかなー。この辺はKMFIS氏 の方が詳しそう。

ジャイロはさておき来月はじめに迫った松坂投手の初登板 が楽しみ!だね。

関連:MAJOR.JP | MLB コラム - 松坂のスライダーはジャイロボールなのか?(前編)

February 21, 2007

ゲイツとジョブズのツーショット:Gates and Jobs to Share the Stage at D

(photo by Asa Mahat, D3: All Things Digital in 2005)

Gates and Jobs are sharing the same stage in D5. Let's hope it's not going to be like that..:) Click here to see Gates and Jobs sitting on the same table. Great shot.

5月末、同じステージに立つ2人(詳細)。今こそ、この写真の出番か?
あのアニメとは大分雰囲気が違うでしょう?

UPDATE: 本日担当ギズモで写真は2005年のWSJ主催「D3: All Things Digital」晩餐会でAsa Mahat氏が撮ったものと判明した。同席したWSJ氏のコメントと他のスナップはこちらから。

[D5, related news]

February 20, 2007

グーグル八分のキンダースタートでグーグルを検索すると…:Searching 'Google' in KinderStart


...gets you no relevant result.
グーグルとは何の関連性もないMETAサーチLemmeFind.comに飛ぶ。なのにトップの広告は、


and, you still see AdSense.
…相変わらずアドセンス。使えるのも不思議だけど、なぜYやMに変えないんだろう?


Like MobileTracker... (it's the blogger NHK was introducing last month as 5+ figure blogger living on AdSense revenue. Seems like he's now using Yahoo! ad as well. They need some update before airing. )例のアドセンス月収90万円のブログMobileTrackerみたいに。…ん?


トップ以外は全エントリ、Yahoo!の広告になってるね。NHKのは半年前の録画だからなぁ。

因みにキンダースタート訴訟は誰もまじめに取り合っていない、というのがこちらの空気だ。グーグルの市場シェアは7割もないので、「Google八分で7割減」というのは通常考えにくい。1社の広告「だけ」に頼る経営ミスの性格が強く、「名誉毀損」で訴えるたび「売名行為」と叩かれている。気の毒な感じもするけど、サイト少しいじってみるといいよ?

そういや、このブログもYahoo!からのアクセスが途絶えた時期があった。Bloggerがbeta版になったときMETAキーワードが消えちゃったのね。「もしかしてこれが理由?」と気付いて入れたらトラフィックはやや回復したけど、気付かないままYahoo!八分になってるブログ、多いような気がするなあ。Yahoo!のオピニオンだから訴えないけど(オピニオンですらないか…)。

試しにYahooJapanで“Long Tail World”検索したら一度も更新したことないYahoo!ブログが4番目に出てきた。これは作った当の本人すらその存在を忘れていたブログだ…(汗)。

UPDATE:
KinderStart Case Against Google Dismissed | WebProNews
3月20日、法廷は「証拠不十分」としてキンダースタート社の訴えを却下した。原告側Yu弁護士には訴訟費用の請求が行く可能性がある。グーグル社ウェブ詐欺担当部門の責任者マット・カッツ氏の発表はこちら


関連:
NHK - グーグル革命の“衝撃”視聴メモ:NHK Special -The shock of the Google Revolution

February 19, 2007

NHK - グーグル革命の“衝撃”視聴メモ:NHK Special -The shock of the Google Revolution



NHK (Japan Broadcasting Corporation)
48 min 59 sec - Jan 21, 2007 - www.nhk.or.jp, Official Web

My friend gave me the video of NHK Special "The shock of the Google Revolution" (49min.) aired in Japan on Jan 21. It's pretty much an introductory video but attracted much attention from Japanese viewers. It seems like the first special coverage of this much scale, and it's cool to see Googleplex from above.

The most stunning is its opening.
John Gale (sp), 21-old technology blogger, shows a monthly paycheck from AdSense. His blog generated $7696.15 in July 2006. He rented out the high-end apartment to live alone, and subsequently dropped out of the university.

We do have a six figure blogger like Darren Rowse in Australia or the US, but not in Japan. Probably this is the first time for most Japanese to have realized that they can make living only by blogging.

Gigazine, one of Japan's top technology blogs, however, says that Japan's AdSense click conversion rate is roughly one tenth of US rate. "To earn that much ad sales, we should generate maybe 10 to 100 times more traffic (it currently has 55 million monthly visitors)." It sounds hopeless...

Unlike German, Google holds only 31.7% of Japan's market, while Yahoo!Japan dominates 52.0% of users (2006 figure/ source: AccessMedia/ Impress). In the US, the share of online searches for Dec 06 is Google(47.3%), Yahoo! (28.5%), and MSN (10.5%) (source: comScore). Yahoo!Japan's latest figure is here (pdf. in Japanese).


海外で見逃したみなさん、ここです。
友だちから借りて見たときのメモは以下の通り。



人生変わったひと(1)
アドセンスの月収90万円の男(今はYahooも併用)。高級アパート借りて家具新調、大学は中退。

検索関連ビジネス展示会も注目はSEM。大学PR担当者らがSEOの重要性を語る。目線追跡の映像。基本的に人は画面の上しか見ない。

人生変わったひと(2)
「検索15位に入らなければ、この世に存在しないも同じ」
とSEM企業ブルース・クレイ社長。契約1万社。セミナーでは順位を上げたい企業担当者たちが真剣に耳を傾ける。

「みんな1番になりたいんですよ」
(なれるわけないじゃん!予備校みたいな悲壮感がにじむ会場)

人生変わったひと(3)
レージックのスコット・ハイパー病院(顧客)から問い合わせ。広報担当(ケヴィン・スペイシー似)のモニター見る目がすごい。「検索順位が落ちてるじゃないか」(吹き替えの声が総会屋風)

本社就職希望は月10万件以上。高速道沿いの求人広告は;
{first 10 digit prime found in consecutive digits of e} .com
{自然対数eの値の中の最初の連続する10桁の素数} .com
こたえ:7427466391.com = google.com 
(今はアクセス不能ですね。看板の写真はココにあるよん)
-デキるオーラの社員たち

人生変わったひと(4)
米北東バーモント州、人口4万の都市で珍しい花の種を販売する会社。広告枠は最低12円で買取り、検索すると関連用語で種の発注ページに飛ぶリンクを出して業績は5年で3倍に。

人生変わったひと(5)
オンライン大学はクリック1回でCPCが40.42ドル(約5千円)
例)jewelry  impressions(表示回数) / clicks(クリック数) / revenue(売上額)

サーゲイ・ブリンさん(正式表記は英語読みなんだね。アジモフみたい…。これにも関係あるのかしらん?)

ランクはリンク数ベースで100を超えるルール(社外秘)で決める。「文句言ってこられても検索ルールに基づいてるとしか言いようがない」(検索プログラム担当マット・カッツさん)

先の病院はキーワード大量投入でも順位が落ちていた。調べるとライバルはスペルミスを含む用語の羅列、リンクの水増しをやっている。そこでMETAキーワードを ページ15個の許容量近くまで埋め込んで応戦した。「何が不正で、何が不正でないかの境界は極めて曖昧。中間は罰則のないグレイゾーン。グーグ ルの方針が変われば明日には不正になる」(社長)

ランク操作の懸念。例)tiananmenをグーグル中国で検索すると(他国で見れるような)天安門事件の画像は表示されない。検閲に手を貸したのでは?と米議会で問題に。(やや趣旨が違うけどね…)

人生変わったひと(6)
KinderStart.com社(ビクター・グッドマン社長)。グーグル検索10位以内だったが事前通告ナシに検索トップから消えた。2004暮れ前後(放送で映ったグラフの日付け)を境に月最高1800万ビジターから約7割ダウン。収益は激減、社員は解雇、会社は倒産の危機に。理由を問うため昨年10月27日名誉毀損でグ社提訴(実際にはもっと前からの訴訟だね)。第1回審問でグ側弁護団は「グーグルは順位を自由に決める権利がある」、「キンダースタート社のホームページはグーグルにとって価値がないと考えている」と抗弁した。「言論の自由の問題だ」とグッドマン社長。

(因みに“KinderStart”を今検索してみたらYahoo!検索結果ではトップだが、Google検索結果では埋もれていた。ブラックリストに載った著名企業ではドイツBMWなどが有名)

データセンター建設、無料WiFi接続事業提案など発展目覚しいグーグル。「便利になるには、あなた方がグーグルに情報を与える必要があるのです。データは安全な場所に保管すればいいでしょう」とシュミットCEOは語るが、消費者団体からは自分の人生の判断を検索にゆだねることに批判の声も(彼らも懐疑派かな)。

9000万台以上の日本携帯市場に参入を図るグーグル。
“検索にすべてゆだねていくことは人類に何をもたらすのか”

関連
Gigazine -グーグルは今のままでは日本人の人生を変えることはできない
↑ 日本のアドセンスは米国の10分の1だからギガジン級の人気ブログも食べていけない。これも衝撃だなぁ。

Web担当者FORUM-グーグル? ヤフーで問題ないしという国民気質
↑ ゴールデンタイムのTV視聴層は9割がヤフー。図1の差が今後どこまで縮まるか、だろうね。


UPDATE:グーグル八分のキンダースタートでグーグルを検索すると…:Searching 'Google' in KinderStart キンダースタートおよびアドセンス・ブロガーの現在。

February 18, 2007

大学の備品にガスマスク?:Gas Masks at UW?


I came across this photo on someone's blog (sorry! I lost the URL). He was wondering why University of Washington has that many gas masks. I, too, have no idea. Does anybody know anything? All I have to do is to dial the number, but ... I'm not a buyer.

ワシントン大学の余剰品処分にこんなものが…手前はヘルメットだけど奥にあるのはガスマスクだ。こんなに大量に…なんに使ったのかしらん? 25ドル。

[UW Surplus Property Incentory Page]

February 17, 2007

ドイツ人学生のグーグル観:Master Plan

"Master Plan" - Directed by Ozan Halici & Jurgen Mayer / Bachelor's thesis at the Univ. of Applied Science Ulm, Germany /Inspired by "What Barry Says" by Simon Robson, "The Google Story" by David Vise.

It's not fair to replace Bush, Cheney, Rumsfeld with $ergey, £arry, and ric....! :)

-Synopsis-
Currently the global market share stands ... Google 44.1%, Yahoo! 28.7%, MSN 12.5%. In Germany, Google dominates nearly 90% (wow!). PageRank beta was developed in 1997. Google's sales increased 70-fold, generating 99% of its revenue from ad (AdSense and AdWords).  To make every information accessible to anybody on earth, Google is now offering 80 free products in 100 different languages. By using them, users provide their personal information to Google. GMail's 3G storage is, for instance, offered f0r free, thanks to contents-related ads. Google home sets cookies that's valid 'till 2038. [...] -Does Google really worry about our privacy?

***

安藤日記さんが紹介してたショート「Master Plan」は、
独ウルム応用科学大学の学部生2人が卒論で製作した。

EPIC 2014風。2人は「英国の俳優サイモン・ロブソンが製作を手掛けた"What Barry Says"にインスパイアされた」って白状してるけど、ブッシュ、チェイニー、ラムズフェルドの3羽烏を$ergey、£arry、€ricってのは…ちょっとちょっと…!(笑)

参考文献はデビッド ヴァイス著「Google誕生」(原書は昨年8月刊)らしいから数字は古いかもしれないけど内容はザッとこんな感じ。


-あらすじ-
世界検索市場シェアは…Google 44.1%、Yahoo! 28.7%、MSN 12.5%。
これがドイツでは実に90%近くがグーグル利用者(ほんとか?)。

グーグルのページランクのベータは1997年にスタンフォード大で生まれた。売上高は70乗の勢いで成長、99%は広告(AdSenseとAdWords)からの収入である。

あらゆる情報を世界のみんなに。同社は80の無料サービスを100カ国語で提供している。その利用を通してユーザーは自分の個人情報をグーグルに渡す。GMailは容量3Gが無料というのもメールの内容に連動する広告のおかげ。検索エンジンを使えばクッキーが埋め込まれる(2038年まで有効)。元CIAエージェントはグーグルがCIAに個人情報を有料で提供していたと証言したが、グーグルはちゃんと僕らのプライバシーを考えてくれてるんだろうか?

[via Ando Nikki]

February 16, 2007

アニメ「ゲイツvs.ジョブズ」訳:Gates vs. Jobs - Scripts


Added February 13, 2007
From Current TV

iHouse with no Windows.. :D

Full Script (the best I can...)

S Hello, I'm Steve Jobs, and I'm a Mac.
B Hi, I'm Bill Gates, and I'm a PC.
S Wow... What are you working on, Bill?
B Oh, this is Vista. It's my new operating system.
S It sucks! You suck. I'm cooler than you pathetic old man!
B Hey...
S iPhone! Bitch! Nudges, nudges for the nerd!
B Steve! What are you doing?
S I'm just reminding everyone that PCs are for fart lovers and Macs get you laid.
B Well, that's what you're trying to convince people of here, but I mean... What is this place? Where the hell are we?
S You're in the iWorld, Bill...
B What's up with that music?
S In the iWorld, I am a God here.
B It's like BABY music. Steve...?
S Death to the conventional thinking! Hahahahaha-!
B You, crazy!
S Crazy about converging technologies for the Gen Y market.
B What's that?
S It's iHouse.
B But there's no windows!
S Exactly. hahahhaha!
B PC still controls 90% of the market.
S Not for a long! (throwing iPhone to Bill)
B Hmmmm. (jumping into an IE)
S Explorer window? How did you do...?!
B Windows works on the Mac now! Remember? Bye-Bye.
S NOOOOO. Finder!
Mac Yes, my Lord.
S Find Bill Gates and delete him.
Mac With pleasure.
S ...and empty the trash.
Mac Hahahahaha... [song].... Here he is. Over here.
S You can't hide from progress, Bill.
B And neither can you! It's my new Zune Saber.
S Let's see here. Video, photos, music... oh, here we go...(click) To the death!
B Prepare to meet your programmer! ... What the...?

Commodore 64 (Stepping forward) Step your ...(??not sure).
B Commodore 64?!
S He's the NO.1 selling computer in 80s!
64 No.1 selling computer of all charm, (cough) but I'm old now and I can only look you two with all pride. You connected the world to the internet, and now no matter where you are, you can go online to look at hardcore pornographies. You can look at all Gs, gangbangs, hacker, all girls, ...action....
S Bill, I... I'm sorry for making fun of nerds.
B That's OK, Steve. I'm sorry for being such a winner.
S Friends...?
B Friends. (Com 64 climbing up to the heaven)

***

-in Japanese

S   どうも、スティーブ・ジョブズ、Macです。
B   どうも、ビル・ゲイツ、PCです。
S   およよ、何やってんの、ビル?
B   ああ、これはビスタ、新しいOSさ。
S   キモー!おまえもだ!俺様の方が百倍クールに決まってんだよ、この哀れな老いぼれめー。
B  ちょ、ちょっと…
S   iPhoneー!参ったか! オタクめ~、グリグリしてやる。
B   スティーブ、な、何すんだよー!
S   どうするもこうするも俺はただみんなに、PCユーザは屁こき野郎でマック使いはモテモテだと教えてあげてるだけさ。
B   へ~、ここいるみんなにそう信じ込ませたいだけなんじゃないの?(iPodビキニ見てないんでしょう) けどさ、だから…あ、あれ? ここは一体…? ねえ、僕ら今、どこいるの?

S   ここはiWorldさ、ビル...
B   iWorldって何よ? それに、なんだよ、この音楽(“Macをはじめよう”CMテーマソング)…
S   iWorldではな…ここでは俺が“神”なのさ。
B   ふん、ベイビーの子守唄みたいだね。…あれ? スティーブ…?
S   その常識人の発想、葬り去ってくれるわ! うわっはははは!
B   ちょ、ちょっとー、頭イカれたんじゃ…?
S   お~そうとも、いま死に物狂いでGen-Y市場つくってる最中だからな。
    (頭上からアップルの家が降りてくる。危うく潰れかかるビル)

B   な、なんだよ、これ!? 
S   これは、iHouseだ。
B   でも、窓(Windows)がひとつもないぜ?
S   そーの通り! うわっははははははー!

B   …ふん、市場の90%はまだPCがコントロールしてるんだぜー。
S   じき終わるわ!(iPhoneをビル目がけて激投げ)
B   むー(念じてIEを呼び出し、ピョンと飛び乗る)

S   へ?エクスプローラ・ウィンドウ? どうやって呼び出したの…!?
B   今はウィンドウズもMacで動くのさ。忘れちゃったの?じゃあね、バイバイ~。
S   ノーーーー…! おい、ファインダー!
Mac   お呼びでしょうか、閣下。
S   ビル・ゲイツの奴、とっ捕まえて削除しろ。
Mac   かしこまりました。
S   …ゴミ箱は空にしろ。
    (歌って踊ってサボるファインダー)

Mac  あ、いました、ここにいました。
S   日進月歩の技術から隠しおおせると思うなよ、ビル!
B   それはこっちの台詞…見ろ、新型Zuneセーバーだっ!
S   おと~、そうとくりゃこっちも…ええと…動画、写真、楽曲…お、あったあった…(iPhoneセーバー生成)。死ねー!
B   プログラマー召集の用意はいいか!
    (情けない掛け声を合図にやり合う2人)

B   こ、これは...!?
    (コモドール64、厳かに登場)

B  コモドール64?!
S   80年代に一番売れたあのコンピュータか!
64   往年のコンピュータのトップランナーも(ゴホゴホ)今はもう歳でのお…こうしておまえたち二人を鼻を高くして見守るだけの老いぼれじゃ。おまえたちは世界をインターネットでひとつに繋いだ。おかげで今はどこにいてもオンラインでハードコア・ポルノが…見れる。●●も●●もハッカーも女の子もア…クション… (妄想しながら息を引き取る)

S   ビル、…オタクを馬鹿にして悪かった、すまん。
B   いいんだよ、スティーブ。こっちこそこんなに勝ち組で…ごめん。
S   俺たち、友だち…?
B   友だちさ。
    (Com 64、笑いながら天国に上っていく)

Last updated on Feb. 17. Thanks, George!

UPDATE: Gates and Jobs set to share stage at D5 (Apple Insider, MacNN) to discuss the history and future of the digital revolution in an unrehearsed, unscripted, onstage conversation on May 30. Walt Mossberg and Kara Swisher will jointly play the part of Commodore 64...

…まさかこの動画にインスパイアされたわけじゃないだろうけど、歴史的ステージ競演決定!(うそだ~)。当日は「リハーサルも台本も無し」らしい。この台本、少しは役に…立たんか。コモドール64役はウォルト・モスバーグとカーラ・スウィッシャー。秘蔵のツーショットあげとこう。

UPDATE:
ゲイツ氏とジョブズ氏の歴史的競演実現:Gates and Jobs D5 Joint Appearance

February 14, 2007

FBIからラップトップが消えている:Missing FBI Laptops


Average four laptops are disappearing every thirty days. Huge improvement, but still... More on Ars Technica's "FBI lost 160 laptops in last 44 months" and Washington Post's "Wanted: Missing FBI Laptops." You can view the OIG's follow-up audit report here.

米連邦捜査局(FBI)で160台のラップトップがこの44ヶ月で盗難・紛失被害に遭っている。うち51台には機密情報が、最低1台にはFBI職員たちの個人情報が入っていた。

米司法省監査総監室(OIG=Office of Inspector General)がまとめた最新の「FBIの武器およびラップトップ管理状況監査追加報告」(pdf)で明らかになったもの。

2002年の初回監査では28ヶ月で武器354丁とノート317台が消え(うち盗難17台)、毎月10.71台が消えていた。あれからしたら「毎月4台」というのはタイヘンな改善。
「お~、よくやった、偉いぞ、FBI!!」
とほめるべきだろうか?

スパイ&テロ対策部門でも7台消えてるしなあ…。
FBI職員は現在30,762人。今後はハードの暗号化を義務付けるらしいよ。

February 13, 2007

アメリカ人の2007年バレンタイン消費は2兆530億円:Valentine's Day Spending


National Retails Federation reported that an average American guy is spending $156.22, nearly double the $85.08 that the average females will spend this year.

In Japan, Valentine's Day is for guys, while White Day (March 14th) is for girls.

The first Japan's Valentine's Day ad was printed in 1936 by Morozoff, and the first Valentine's Sale at Isetan Shinjuku had only 3 chocolates sold. It was 1968 when Valentine's chocolate gift really took off in Japan, when Sony's Import Division rolled out a promotional campaign nationwide.

Now Japan's Valentine's Day spending is believed to be around 53 billion yen ($436 million). It's far less than the US total of $16.9 billion!

***

計算間違えてないよね?

アメリカ人男性のバレンタイン予算は156.22ドル、女性は85.08ドル。

全米消費者の63.4%がギフト(花束37%、飴チョコ48%、カード63%)を贈り、45%はレストランに席をとり、子どもはクラスメート全員にカードをばら撒き、eカードは混雑のピークを迎える。米国人のバレンタイン消費は今年推定169億ドル(2兆530億円)。

わー、日本の530億円市場なんか足元にも及ばないね!
花とか貴金属もカウントするからなぁ…

因みに日本初のバレンタイン広告は神戸モロゾフ(1936年)。
初セールは1958年新宿伊勢丹で3日で板チョコ3枚が売れた

[ソース:全米小売業連盟(NRF)“Men Digging Deeper to Show Their Love this Valentine’s Day”]

February 10, 2007

日本語にすると面白くないジョークその2「あの男」 : Cowboy Joke

(c) Jeep Novak


日本語にすると面白くないジョークを日本語にするシリーズ第2弾。
今回はtetsu氏ご推薦のカウボーイジョークね。


あの男原文(コメント欄)

カウボーイが友人とバーに入ると、ある男を指差してこう言った。

カ「おい、向こうにいるあの男…見ろよ」
友「え...どこ?」
カ「カウンターに座ってる男さ…」
友「いや、カウンターといってもすげーたくさんいるぜ!」
カ「ビール飲んでるヤツだよ…」
友「ほぼ全員ビールだし!」
カ「カウボーイハットだって…」
友「5人被ってる~もうどれよ!?」

...キレたカウボーイはやおら拳銃をとり出すと、残りの客を片っ端から撃ってしまった。

友「ああ... アイツか!よしわかった。で、あの男がどうした?」
カ「ムカつく野郎だぜ」


関連:
日本語にすると面白くないジョークその1「しゃべる犬:Talking Dog Joke

しゃべる犬:Talking Dog Joke - in Japanese

I read Talking Dog Joke at MBA guy's blog via Tetsu. He found it a typical American joke that is funny in English, but not in Japanese. Maybe right. The following is my translation. Let's see what they say:)

日本語にすると面白くないアメリカンジョークの典型例としてMBAの方が紹介された「しゃべる犬」をTetsutさん経由で読んだ。試しに和訳してみるね。


(courtesy of NiteLynx)

Talking Dog Joke - しゃべる犬
原文1原文2(雑種)

男が
テネシー界隈を運転していると、ふと家の前にこんな看板が目に入った。
「しゃべる犬、売ります」

ドアベルを鳴らすと飼い主が出てきて、犬は裏庭にいると言う。
裏庭に行くとそこにラブラドール・リトリバーが座っていた。

「おまえ、しゃべるの?」
男は尋ねてみた。
「ええ、しゃべりますとも」と犬。
「すごい!いつからそんな風にしゃべれるようになったんだい?」

すると犬はおもむろに語った。

「そうですね、自分がしゃべれることに気付いたのは、もうだいぶ若い頃のはなしです。なにかお国の為になるんじゃないかと考えてCIAに知らせると、たちまち
ジェットで各国首脳やスパイが集まる部屋に潜入を命じられ、世界を股に掛けて飛び回る毎日に…。まさか犬が盗聴器だなんて誰も思いませんからね。それから足掛け8年、価値あるトップクラスの諜報員として重用されたのです」

「でもやがてジェットで飛び回るのにもくたびれ、歳も歳だしそろそろ落ち着こうと考えました。空港の仕事に応募して覆面セキュリティ(警備員)として不審人物の近辺を嗅ぎ回る任務に着いたのです」

「想像を絶する闇取引きの捜査も見事解決、表彰メダルも唸るほどもらいました。結婚して子犬もたくさん授かり、今は一介の隠居の身分というわけです」

男は腰を抜かして家に戻り、犬の値段をきいた。
すると
飼い主は言った。「10ドル」

「10ドル? あんな素晴らしい犬をなんでまたそんなに安く手放しちゃうんです?」

「とんでもない嘘つきだからさ。あいつの言ってることは全部デタラメ、本当は何ひとつやっちゃいないんだ」


関連:
日本語にすると面白くないジョーク第2弾「あの男」 : Cowboy Joke

February 9, 2007

EMIがMP3配信を交渉中:EMI in Talks to Sell MP3s

According to Forbes and WSJ this morning, London-based EMI, the third largest music label and home to the Stones, Coldplay, Beastie Boys and the Beatles, has already been in advanced negotiations with various online retailers to release a large amount of its music in DRM-free MP3 format.

The company reportedly >asked the retailers to submit proposals by Thursday telling the company what size advance payments they would offer in exchange for the right to sell EMI's music as MP3s. Another industry source said EMI was in talks with Snocap, a company founded by Napster creator Shawn Fanning, to release them on MySpace.

The spokeswoman says EMI has released singles from popular stars in MP3, and;
"The results have been positive. [...]lack of operability between a proliferating range of devices and hardware and the digital platforms for delivering music is more and more becoming an issue for music consumers and EMI has been engaging with our various partners to find a solution."
Such a move would have an obvious benefit for non-Apple music vendors (mostly subscription based) who have long struggled to sell music simply because consumers couldn't play them on Apple's iPods.

[Forbes.com "Will EMI Set Its Music Free?"
Washington Post "EMI mulls unprotected Web song sales"]


ジョブズ氏がDRM廃止を訴えて2日とあけず、今度はEMIがMP3配信契約交渉中のビッグニュース 。業界筋の話としてWSJとForbesが伝えたのは以下3つ。
  1. EMIがオンライン小売業者と、保護のかかっていないMP3フォーマットで楽曲を大量リリースする契約を交渉中だ。

  2. MP3フォーマットで売る販売権と引き換えに、EMIは相当額のアドバンスのライセンス料を要求している。

  3. EMIは、世界最大のソーシャルネットワークサイト「マイスペース」でMP3で販売する交渉を詰めている。交渉相手はナップスター創始者ショーン・ファニングが立ち上げた会社「Snocap」。

業界3番手のEMIといえばリストラで先月トップ2人を首にしたばかりで苦境だが、こうしてビッグ・フォーからイチ抜けして実験を試みる姿勢は素晴らしい。おおとい「レーベルはCDから一歩も動いてない」なんて筆が滑ったが、実は12月から試験的にYahoo Musicで新曲をリリースし、そちらの成果が上々みたいなんだよね。

3.にはショーンの会社が出てるけど、これ以外にもヤフー、リアルなども候補として名前が出てる。米国の楽曲配信サービスは大体が月極聴き放題だが、「売る」となれば「iPodでも再生できるMP3」というのは必須条件。iTunesも競争が激しくなりそうだ。

火曜のジョブズ氏の公開書簡に対するレーベルの反応だが、ワーナー・ミュージックグループCEOのエドガー・ルボンフマン氏は「はっきり断っておくが、我々は自社およびアーティストの知的所有権保護のためDRMの使用継続を支持の立場だ」と発言し、全米レコード協会(RIAA)のミッチ・ベインワル会長兼CEOは「 卸売りがDRMを放棄する必要はないでしょう」とピシャリ。

「DRM廃止もいいが、どんな端末でもiTunesが聴けるよう自社のiPodを他端末メーカーにオープンにするのが先ではないか」とやり返した。

春闘とりくみ全開中なり。

February 8, 2007

NASAの紙おむつ:NASA's Diaper


Lisa Nowak drove the 900 miles from Houston to Orlando wearing a diaper, to avoid time-wasting rest stops.... This astronaut diaper in display is not the one she was wearing, though.

UPDATE: Nowark fired.

[source: "What's Up With the Diaper?"-Newsweek]

これはNASAが宇宙飛行用に開発した最先端の紙おむつ。「Maximum Absorption Garments(MAGs)」という。

1969年ニール・アームストロングが月面着陸したときには既に飛行士は全員、袋から紙おむつに切り替わっていた。市販の紙おむつも生理用品もこのNASAからのスピンオフ。NASAのおむつは人類みんなに恩恵を与えてきた-。

1448kmノンストップで運転して恋敵を襲撃して終身刑に問われているリサ・ノワックNASA宇宙飛行士がはいていたもの…じゃないけど(業務外利用禁止)。

1年前と比べてみると、同飛行士の変わりようの激しさに驚く。


UPDATE: 
The manufacture for the official brand "Absorbencies" was folded, but they still have one third of 3,200 diaper supplies left. 写真のおむつは製造元不詳。今のNASA正式ブランド“Absorbencies”も製造元は閉鎖されたが、15年前に仕入れた3200枚のうち3分の1が残っているのでしばらくは大丈夫。支給は1人につき3枚(離着陸時+予備用)。
[source: NASA Diapers Become Topic No. 1 -LA Times]

UPDATE2: NASA解雇処分に

February 6, 2007

「Thoughts on Music」に思う



スティーブ・ジョブズ氏が昨日発表した公開書簡「Thoughts on Music」。
全訳をお探しのみなさん、こちらです(老眼じゃない方はこちら初報要約)。

ここミトウ氏がコメントくれたように、書簡はノルウェー消費者審議会からの違法判決にこたえるかたちで発表された。

ショーン・ファニングが世紀末に言ってレーベルに全く相手にされなかったことを、ちゃんと時間をかけて相手の言うとおりDRM完備して合法的に売って、デジタル楽曲市場で独占的地位を築き、無視できないポジションまで足場を固めた上で「DRMは論理が破綻しているんだよ」という“物証”を一揃い用意して「別の道を真剣に考えよう」と呼びかけた。これは、みんなにとって良いニュースになる気がする。

ノルウェーの例の審議会上級顧問Torgeir Waterhouse氏はこの書簡にだいぶ心証を良くしたようだ。ただ、まだ「iTunesはiPodにロックされてる」と言ってるとこ見ると、CDに焼いてMP3にできること知らないようだ(ふつう知らないか)。

まあ、でもノルウェイにはこのボケ路線で自国音楽産業保護育成にまい進してもらわなくては困る。「ロックかけて消費者を自分の島に囲いこむんじゃなく、もっとどこでも買えてどこでも再生できるように、フェアにやれ」という主張はストレートだし、消費者なら誰でも思っていることだろう。

時期的にはちょうど音楽配信の7割を牛耳るビッグ4(ユニバーサル、ソニーBMG、ワーナー、EMI)とアップルの契約がそろそろ1年の満期を迎えるタイミング。春の契約更新にむけた「春闘」という背景も理解しておくとよいだろう。自分的に「へえ」と思ったのは以下3つ。

1.iTunes販売楽曲はiPod保存楽曲の3%未満

  これは正直、驚いた。そんなに少ないとは!

2. DRMが破られた場合、アップルには数週間の猶予しかない。その間にブロックできなければレーベルは全楽曲をiTunesから撤退してしまう。

  厳しいねー。先月も「iTunes全楽曲をWiiで再生、DRM破りなアプリ」をギズモで訳したけども、こんな風に表面化する場合もあれば、ない場合も。「いたちごっこ」は誇張でもなんでもない、現実だ。

2. 違法コンテンツはどこから来るのか?CDだ。
  ではCDを売ってるのはどこか?レーベルだ
  
これはきっと「なんでレーベルは鍵もかけずに売ってお咎めなしなわけ?」と言いたいのだろう。MSもAppleもこんな途方もなくデカい鍵つくっては、途方もなく暇で尚且つ頭のいいハッカーに鍵こわされて、この調子じゃライセンス供与なんて悪夢だ、オープンになんかしたらゼッタイ追いつかない、iPhoneもクローズドじゃ先が見えてる…なのに、なんでレーベルは錠前ひとつ要らんわけ? と。

確かにその通りで「違法コンテンツ憎し」言ってる割にはレーベルはCDから一歩も動いていないし、アーティストを違法コピーから守れていない、それはiPodの数字を見たら誰でもわかる、97%である。その多くはCD焼いた違法コピーであるかもしれないのに、そこは見て見ぬフリ。合法ならそれでいいというところが、後ろ向きだなー、と思う。

「DRMは終わってる、やめよう」という話はリアルネットワークのロブ・グレイザーCEOも長年言ってることだし、ヤフー・ミュージックのデイブ・ゴールドバーグも同調している。レーベルからの反応が楽しみだ。

関連:
TechCrunch, 2006.12.15.-Bill Gates、DRMの未来について語る
 ビルG.からのアドバイス:「CDを買ってリッピングすべし。これなら合法的だ」
TechCrunch, 2007.01.10.-DRMの死は不可避だ

February 5, 2007

ビートルズがiTunes出たらトップ10は総ナメ?:Beatles Love-Card

After decades-long trademark battle costing Apple some $27M, Apple and The Beatles kiss and make up, and guess what? Yeah, everybody is hoping for legal downloads of Beatles songs made available anytime soon. Some say their songs may dominate Top 10 chart, if that happens... On iTunes? Could be. In the meanwhile, you can make eCard here.

UPDATE: All 13 core albums will soon be available from all the online music services, confirmed Neil Aspinal, the head of Apple Corps Ltd.(FOXNews.com)


という予想があるみたい。

アップル商標裁判和解の噂が今日正式になったことだし、あとは噂のビートルズ・カタログのオンライン・デビューを待つばかりなんだけどね(追:アップル・レーベルのニール・アスピナル社長のによると全主要オンラインショップで近日同時発売みたいです)

バレンタインだし。Loveサイトでも眺めとこうか。

あ、右上のジョン・レノンはeCardね。ココで音楽のっけたり図柄えらんで送れるよ。「Select Audio」で好きなチューン選んだら、けっこうBGMとして使えたりする。

"All You Need Is Love"
2/14発売
(¥2,600)

February 3, 2007

Best Blonde Joke Ever



How could I miss this? Here's
the best blonde joke ever
. Enjoy.

昨冬世界を笑いのループに巻き込んだ伝説のブロンドジョークが今、ここに。











[long ver., doing round, ブロンドジョークって?]

February 2, 2007

ボストンのテロ騒動を動画で追う:That's not a Hair Question

In 2007, any electric device can cause the entire city shut down. If Mooninites can, you can...

ボストン全市を戦慄に陥れたMooninites。
事実経過を表にしておこう。


They're Mooninites from Aqua Teen Hunger Force on Cartoon network. They talk like this.
カートゥーンネットワークのアニメ番組「アクアティーン・ハンガーフォース」の宇宙人キャラ、ムーニナイト。こんな風にしゃべるよ

As a part of ad campaign, its Lite Brites were placed by Peter Berdovsky, 27, and Sean Stevens, 28, two wks prior to the incident.
電光掲示板はTV番組の映画版の広告。ピーター・バードウスキさん(27)とショーン・スティーブンさん(28)が騒ぎの約2週間前に市内各所に設置して回った。

1-31-07 Boston under seige 1/31/2007 「不審な電子端末がある」という市民からの通報が重なり全市パニックに。主要道・橋・地下鉄・河川が一部閉鎖され、連邦捜査官・爆弾処理班・沿岸警備隊を動員しレッド・アラートの厳戒態勢が敷かれた。

Comic shop manager realized they're Mooninites and notified the police. The staff says all their customers knew what they were. The reporter feels a 'generation gap' here.
その頃、市内の漫画屋では主人が「ムーニナイトじゃん」と気づいて警察に通報。店の子は「お客さんはみんな分かってましたけど警察の人は半信半疑で“電池がついてる”って深刻なんです、可笑しかった」。「世代ギャップ」とアナ。

In the press conference, the prank suspects didn't take any questions except the Hair Question. Word of the day. 仕掛け人2人は「公共の秩序を乱し」「偽端末で混乱を招いた」容疑で懲役最大5年の刑事責任が問われている(2人は無罪を主張)。刑務所でひと晩過ごした釈放後の記者会見で「今回の責任をどう思うか」と問われたが、それには答えず髪型の話を延々続け、表現の自由、騒ぎを煽ったマスコミへの批判を態度で示した。

Apology. Turner agreed to pay all costs of a security scare that could run to $1M.
謝罪広告。ターナーは厳戒態勢にかかった費用を全額(推定約100万ドル)弁償することに合意


Well, this perfectly shows how our perception is built. For those following TV news coverage, it felt like our nation was really under seige, and those guys' attitude was just plain intorerable. However, look what the girl says... Now, I should ask myself who really was making up the story... If that's a fraud device, how about the reporting? Wasn't that a fraud?

ちょっと解説。これはもう1日テレビで追ってたら機動隊は出るわ、スナイパーは看板ぶっ放すわ、アナウンサーは青筋立てるわ、知事もFBI長官も真剣そのものだったし、「アニメの宣伝」って分かったときのオドロキたるや! みんな本気で怒ったし、ロン毛と長身が会見で髪型の歴史をノラクラやりだした時には我が耳を疑ったんだけども…、実はよく考えてみるとこの2人の方が正しくて、この漫画屋の女の子の屈託のないコメント見たら茶番がどっちかっていうのはもうハッキリしてるわけですな。

要はこの「髪型記者会見」で彼らが言いたいのは、自分たちが「fraud device(テロ行為に見せかけて偽の装置を設置する愉快犯)」で刑事責任問われるならマスコミはどうなの? ウソを宣伝して社会をさんざん不安に陥れたのはソチラなんじゃない? 僕らは髪型のことで忙しいんだから。なんで君たちの狂言についてここでコメントしなきゃならんわけ? なんの権限があって責任とか言うのよ? ということね。

記者たちが何聞いても「That's not a Hair Question(髪型の質問じゃないでしょう)」と返す彼らは単なるアホなのか、ヒーローなのか? アメリカ人も「こんな記者会見見たことない」言ってます。

[Off-Topic/おまけ]
It's fun. Try it! おもしろいよ。↓
Make Google Go Crazy (via Googleが狂喜乱舞

February 1, 2007

ギャビン・ミューサム市長、不倫で謝罪:Newsom Apologizes


San Francisco Mayor Gavin Newsom's re-election campaign manager resigned yesterday, after confronting the mayor about the affair his wife had with Newsom, Chronicle reported last night (photo). It happened about 18 months ago when he was undergoing divorce from TV legal commentator, Kimberly Guilfoyle (photo right).
Today Newsom apologized (video).

It reminds me of San Jose former Mayor Ron Gonzales. When he publicly admitted having an affaire with his aide (now his wife), half his age, everybody was talking about "Midlife Crisis." Not this time.

サンフランシスコのギャビン・ニューサム市長がアレックス・ターク選対部長の夫人と1年半前に不倫していたことが発覚、今日会見で謝罪した(動画)。部長は辞表を出している。

女性は市長が最年少当選してから昨春まで部下として働いていたが、半年前に市役所を辞め地元TV局で司会の仕事をしている。1年半前といえば市長は写真右のキンバリー元夫人と離婚の話し合いの最中。離婚は1年前に成立し、元夫人は再婚して子どもを産み、これまたNYでTVの司会をやっている。

2000年にサンノゼのゴンザレス元市長もあの強面で選挙事務所の25歳の子と交際が発覚し、マスコミに騒がれると奥さんと離婚してその子と再婚してしまった(近影)。あの時はみんな自動的に「ミッドライフ・クライシス(崖っぷちの中年を襲う無気力および暴走)」の2文字を思い浮かべたものだが…。

今回は政界のベストドレッサー、ニューサム市長のことだし離婚してからはいろんな女性と付き合っているので、その辺は選挙民も寛大だが、選対関係の親友の奥さんというのは…。世論調査では11月の再選に影響が出るって人の方が過半数だけど謝罪記者会見でやや持ち直し気味。

ちなみに写真左の女性はサンフランシスコの女優シャローン・ストーンだよ。

UPDATE: 翌週アル中と告白、更生取り組み中(詳細はピロリン氏)
「まあ不倫の言い訳にはならんけど、がんばれや」と応援する庶民が半分。シティは女の子カワイイし、ワインはおいしいし…。ま、がんばって。笑