March 31, 2007

原子から宇宙まで万物のサイズが分かるNikon's Universcale



600万光年彼方の銀河系から100pmのミクロの原子まで。
万物のスケールを比べて見れるニコンのウェブ・アプリ「Universcale」が面白い。
ブラウザ下のオブジェを押すと解説が出てくるよ。

Nikon's web app Universcale lets you see how the entire universe fits in one 'infinit yardscale', side by side, spanning from 100pm (atom) to light year.

L'homme n'est qu'un roseau, le plus faible de la nature ; mais c'est un roseau pensant. Il ne faut pas que l'univers entier s'arme pour l'écraser : une vapeur, une goutte d'eau suffit pour le tuer. Mais quand l’univers l'écraserait, l'homme serait encore plus noble que ce qui le tue, puisqu'il sait qu'il meurt, et l'avantage que l'univers a sur lui ; l'univers n'en sait rien. -Pensées, VI : Les philosophes, 347, Blaise Pascal, 1623-1662

...par l'espace, l'univers me comprend et m'engloutit comme un point ; par la pensée, je le comprends. -Pensées, VI : Les philosophes, 348

( in English / Japanese )
Man is but a reed, the most feeble thing in nature; but he is a thinking reed. The entire universe need not arm itself to crush him. A vapour, a drop of water suffices to kill him. But, if the universe were to crush him, man would still be more noble than that which killed him, because he knows that he dies and the advantage which the universe has over him; the universe knows nothing of this.

...By space the universe encompasses and swallows me up like an atom; by thought I comprehend the world. - Pansées

人間はひとくきの葦に過ぎない。自然のなかで最も弱いもの。だが、それは考える葦である。彼をおしつぶすために、宇宙全体が武装するには及ばない。蒸気や一滴の水でも彼を殺すのに十分である。だが、たとい宇宙が彼をおしつぶしても、人間は彼を殺すものより尊いだろう。なぜなら、彼は自分が死ぬことと、宇宙の自分に対する優勢とを知っているからである。宇宙は何も知らない。

空間によっては、宇宙は私をつつみ、一つの点のようにのみこむ。
考えることによって、私が宇宙をつつむ。

(前田陽一ほか訳『パンセ』347節、348節)

[via GMSV]

March 30, 2007

独ミュンヘンのサーフィン名所:Surf City, Munich

More photos and story on thecoolhunter.net

One surfer at a time!

芸術の家(Haus der Kunst)すぐそばを走る激流は知る人ぞ知る内陸のサーフィン名所。1人ずつの交代みたいね。ヘルメット被って並んでるのが、かわいい。

写真リンク先のクローズアップは、川とは思えない迫力。
詳細はこちら→ドイツ音楽紀行「 ミュンヘンでの衝撃、5つ」

UPDATE: River Surfers in motion!

March 27, 2007

新聞・雑誌に忍び寄る廃刊の波:Media in Trouble






Premier is closing its print edition, keeping its online operation only. So are the InfoWorld and Life magazine. Even the Morton-Grove Newspaper Newsletter published its farewell edition, saying;
Many newspapers in the largest markets already “have passed the point of opportunity” to save themselves. (Well-summarized on Reflections of a Newsosaur)

Tim O'Reilly is hearing the SF Chronicle is in "deep trouble." Dave Winer and Robert Scoble promptly called for revolution of J-school, but I think the main reason is, as the InfoWorld editor-in-chief's says, because "the ad-driven economic model that supported print magazines for years [...] is unraveling. "

The fundamental of journalism stays the same, while advertisement doesn't. I wonder how we can preserve the 4th estate on the web.... One thing is sure; bloggers love the way Washington Post has handled the transition.

LIFE廃刊

タイム社が昨日、LIFEの廃刊を宣言した。

雑誌「LIFE」は1936年に週刊誌として創刊。'72年から一時休刊し'78年に月刊で復活。またまた2000年から休刊し2004年、新聞の折り込みとして復刊していたが、新聞も今は部数が伸び悩んでいる。「2004年から市場は激変しており出版の継続は不適と判断した」とタイム社アン・ムーアCEOは声明を出した。1月に300人近く解雇した同誌は今後、オンライン版と書籍出版でLIFEブランドを維持する。

今月はハリウッドの映画雑誌「PREMIERE」も廃刊、創刊29年の「InfoWorld」誌も4/2付けを最後に廃刊。やはり採算の合わない紙はやめオンラインだけ残すらしい。LIFEも今度こそ3度目の正直という気がするなあ…。


クロニクル廃刊騒動

LIFEを折り込んでいたのは全米103紙。部数の動きを調べているうち眠くなってしまったが、起きたらxpotechi氏がそちらの話を書いていた。渡りに舟。→SF Chronicleにまつわる騒ぎ

SFクロニクルもSJマーキュリーもベイエリアの新聞はみんな経営状況がやばい。噂はずっとあるけども今回はクロニクルのフィル・ブロンスタイン編集長自らが緊急会議を開いて記者たちに、
...the news business 'is broken, and no one knows how to fix it.' ('And if any other paper says they do, they're lying.')' 今のニュース産業は破綻している。そして誰もその解決方法を知らない。(知っているという他紙の話は全部デタラメだ)
と語ったという噂。ティム・オライリー氏が伝えた。これが本当なら年内に大型レイオフらしい。「またか」という感じだ。

オライリー氏の近辺でも1月に著名なハイテク記者がフォーチュンとタイムをそれぞれ首になっているそうだし(一人は「首の前に転職」とコメント)、なんかもう実績とか派閥とか虚報とか、そういうレベルの話ではなく単なる帳尻り合わせで第一線の記者たちがバサバサ首になっている。

うちも新聞はリサイクル直行だから止めたらいいんだけど、止めると自分が住んでいるエリアの記者が海外取材とか調査報道とか手間の割には字にならない取材ができなくなるだろうと、それが気の毒で止められてないのよね。

新聞業界ニュースも廃刊

「Morton-Groves Newspaper Newsletter」っていう媒体、ご存知だろうか? 1976年に新聞業界アナリストJohn Morton氏が1人で創刊し、2002年からはNYタイムズ元エコノミストのマイルス・グローブス氏と2人で新聞業界の気になる動向を追ってきた。いわば業界で最も権威あるニュースレターだが、そちらも今月最終号を出した。

廃刊の理由は「購読せずにタダ読みする読者が増えたから」(新聞人たちはそんなに金に困っているのか?)。
Many newspapers in the largest markets already “have passed the point of opportunity” to save themselves. “For those who have not made the transition [by now], technology and market factors may be too strong to enable success.”

(最も大きな市場を握る大新聞の多くは自己救済の望みが持てる段階をすでに越えてしまった。まだ変化に対応していない新聞にとってテクノロジーと市場の影響はあまりに大きく、勝ち抜けるものではないだろう)
最後の言葉がまるで黙示録のように響く。

広告主はネットを好む

30年近く出版の仕事をしてきたInfoWorldスティーブ・フォックス編集長は、廃刊宣言でレイアウト組みがなくなることを寂しく思うと感傷に浸りながらも、「紙媒体の廃刊はもう数年前から予想していた」と書いた。

クロニクルの噂を受け、デイブ・ワイナー氏は「ジャーナリズム学校を改革しろ」「ブロガーを巻き込め」と改革を叫び、ロバート・スコーブル氏は「新聞は死んだ...」とやってブロゴスフィアは枯れ木も山の賑わいだが、このInfoWorld編集長のコラムを読むと、記者が急にヘタレになったわけじゃなく「広告の変質」が大きく影響していることがよく分かる。

雑誌を長年支えてきた広告主導の経済モデル(出版社が質の高い読者の流れを確保し、広告主はそこに広告を出す特権を買う)が綻び始めている。[...]ウェブなら誰が何人メッセージを見ているか分かるし、特定の対象にターゲットを絞れる。雑誌では許されないほどダイレクトに潜在顧客にリーチできる。推測する必要がないのだ。
「ニューヨークには100年前、新聞が100紙もあったが今は2.5紙」、スコーブル氏の記事にはそんなコメントも。本当にこれから、どうなるんだろう? 

関連:
social web rambling アメリカの新聞事業に死亡宣告?

March 25, 2007

イタリア警察はすばらしい:Polizia - Italian Police


This is the certified mail I received 12 years ago on the last day in Italy.

I picked it from our management office and opened it on the way to Linate Airport, Milan.

Inside, there was this photo of our second stolen car (the first one was stolen 3 days after we arrived) that we had reported to the police 3 months before.

"Oh, they finally found it! This time, they did it!" All excited, we read the second page.

It said,

"This is the photo radar speeding ticket. You car was speeding 152km/h (95mph), exceeding 22km/h on A1SUD (Autostrada del Sole = Highway of the Sun, southbound) in Rome. Immediately pay your fine of 224,300 lire."


(こないだLINKくれたLAT37N"のエントリで思い出してしまったわ)

これは今から12年前、イタリア最後の日にリナーテ空港に向かう途中に管理事務所で拾った書留め。年末に盗まれた車の写真である。

「おおー見つかった!でかしたぞ、イタリア警察!」
滞在3日目に別の車を盗まれて泣き寝入りだった我が家もこのときばかりは大いに認識を改め、喜び勇んで2枚目に目を通した。
3月12日、ローマのA1SUD(太陽高速道路南方向)で当局の最新鋭の監視カメラがとらえたあなたの車です。制限速度130km/hのところ時速152キロでした。罰金224,300リラを速やかにお支払いください。 - ローマ警察

March 22, 2007

シリコンバレーのトリビア20:Silicon Valley Trivia Quiz 20

Q: Decode it.
解読できる?

Photographed in Cupertino, CA, USA
by ldandersen on 21 Mar '07


A:
"What Would Steve Jobs Do?"
「スティーブ・ジョブズならどうする?」

Just by adding "S", you can give "WWJD (What Would Jesus Do)?" a completely different (synonymous?) meaning.

'90年代ゴムバンドで流行った「WWJD(What Would Jesus Do? =神ならどうする?)」。真ん中に「S」加えるだけでアラ不思議、マック信者のマントラに。目撃地はアップル本社のあるクパティーノ。

トリビア⑲:Trivia Quiz 19

[via CULT OF STEVE: Apple's mantra - Valleywag]

March 21, 2007

噂で終わった?Google携帯:Google Phone denied


「現時点で当社が注力しているのはソフトウェアだ。電話ではない」-グーグル東南アジア営業事業部門MG、リチャード・キンバー氏がシドニーの講演で噂を否定した。なんか、ネットのエバンジェリスト Vinton Cerf氏自身、「ハードウェア製造は当社のビジネスモデルから著しくかけ離れている」という見解らしい。なんだ…。
"At this point in time, we are very focused on the software, not the phone," The Australian Financial Review today quoted Kimber as saying during his speech at the Search Engine Room conference in Sydney. - Google quashes mobile phone talk - The Sydney Morning Herald

March 20, 2007

途上国の起業家に誰でも小口融資できるP2Pのマイクロファイナンス:Kiva.org



Kiva means “unityagreement” in Swahili. Kiva.org was founded 18 months ago, and its repayment rate still is 100%. That's without hiring yakuza.



金は天下の回りもの。でも1対1(P2P)の融資は難しい。増してや途上国の人にお金を貸すなんて、雲を掴むような話である。

これを変えたのがサンフランシスコのKiva.org。途上国の起業家に個人が貸付けできるマイクロファイナンシング(小口金融)のオンラインシステムを世界で初めて実現した非営利団体だ。先ごろNYタイムズ・マガジンが選ぶ「2006年のトップ・アイディア」のひとつに入った。



Kiva=「合意(agreement)」(スワヒリ語)

Kivaは創業18ヶ月。以下の写真は16日付けマーキュリー紙の特集を撮ったものだが、右がジェシカ夫人と一緒にKivaを共同設立したCEOのMatt Flannery氏(29)。TiVoの元プログラマーだ。起業育成基金のしくみを撮影するためウガンダ、タンザニア、ケニアの村々を回ったときにKivaの構想を思いついた。



左はPayPalで大もうけして数ヶ月遅れて参画したPremal Shah社長(31)。スタンフォード大を出てから大学の奨学金でインドに2ヶ月滞在し、マイクロファイナンスの研究を行った専門家でシリコンバレー・マイクロファイナンス・ネットワーク共同創始者である。2人ともとても、若い。



Kivaでは、これまで世界から4万人近い有志が途上国の5千人に総額330万ドルを貸付け、返済期間は平均1年、滞納率10%、返済率はなんと100%をキープしている。



グラミン銀行とどこが違う?

マイクロクレジット(信用貸付)といえば2006年ノーベル平和賞のムハマド・ユヌス氏のグラミン銀行(Grameen Bank)が有名だけども、あちらも667万人(女性97%)に57億ドル貸し付け、5人組導入などで95%以上の高い返済率を維持している。



ただ、グラミン銀行はP2Pではない。回収した資金はいったんユヌス博士の個人口座に置いて博士はその利息で暮らしているという話も聞くし、無担保融資とは言え連帯保証はとる。支店網も抱えており、取引きは銀行対個人だ。



Kivaは小口融資の提携先が世界一円に38社あり、回収の方はそちらがやってくれる。ま、結局は銀行相手だけどね。集めるところがコンピュータのせいか金利はグラミンより低い16%に押さえられている。



PayPalの決済は無料

ウェブ版マイクロファイナンスのKivaでは、PayPal(eBay傘下)の電子決済を使って誰でもお金を貸すことができる。お金は大体半年から1年で戻ってくる。貸す方には利息がつかないから利殖にはならないけど、寄附と違って貸したお金は戻ってくるのに寄附と同じ非課税というところが嬉しい(日本はどうだろう?)。



電子決済にお金はかからない。そう、KivaはPayPalが決済手数料を無料にした最初の非営利団体なのだ(「戦略的フィランソロピー」というやつね)。



「でも、PayPalは日本語がなあ…」と思ったら、先ほどちゃめさんがブクマしたHit Okano's blogで「完全に日本語対応になった」ニュースを知った。PayPal日本語版はこちらから。たぶんこれでアカウント作ったら日本からでもKivaが使えるんじゃないかな?(UPDATE: Hit Okanoさん一番乗り!最初の返済通知メールが届いたようです。氏の解説はこちらです)



今ちょっと試してみたら居住国でアメリカを選んだ途端、英語にジャンプしてしまった(もし日本から日本語でPayPal口座作ってKivaを利用された方がいらしたら使用感を教えていただけると嬉しいです PayPalなくてもクレジットカード入力で普通に使えました!)。



貸してる相手、貸してる仲間の顔が見える

さて、Kivaのウェブに行ってみよう。



トップページ。借りたい途上国の人の写真と希望金額がズラズラ並んでいる。目標額の何%が集まって残りいくらか、メーターでひと目でわかる計らい。貸したい人は候補のプロフィール(家族構成、生い立ち、周辺環境、職業、近況など)を読んで貸したい相手を決める。



希望者の写真をクリック。プロフィール全文とその人に貸してる人たちのニックネーム、写真(あれば)、所在地がズラズラ出てくる。これが結構、地域的にばらつきがあって面白い。



金額がケチなのでエンジェルってよりは応援団かな。たまたま同じ相手にお金を貸そうと決めた人たちが、ただなんとなく、そこで見守っている。



ローンは最低25ドル(2,900円)からで、みんなが出す平均は大体75ドル。夕食と映画を一回我慢したぐらいの額か。それでも束になれば結構な額になるから、その辺がマイクロファイナンシングの強みというわけね。



貸した後のことも分かる

「LEND(貸す)」タブの隣の隣「JOURNAL(日記)」タブをクリック。



借りた人たちの近況報告が写真と一緒に出ている。英語はできないだろうから、ローカルの金融機関の人が拾った近況をKivaの人たちが訳してるんだろう。ここにも何ドル借りて何ドル返したか、またまたメーター表示だ!



借りたお金で何をしたか、その辺の話が興味深い。例えば3月20日はガーナのJoyce Akotoさん。

「石を砕く機械を買って子どもも学校に通わせ、意欲満々なジョイスさん」
サンフランシスコの応援団ステッラさんから早速コメントがついた。

「こんにちわ、Joyce Akotoさん。事業用設備買えたんですね、良かった。それにお子様も今は学校に通われているとか。融資に加われたこと、うれしく思います。事業の成功と繁栄、ご家族の健康とご多幸をお祈り申し上げます。がんばってください。ステッラより」
…日本の中高生もこういうの英語の宿題にするといいんだけどなあ。



アフター7はバレーの社交場

Kivaに無料でサービスを提供する企業はPayPalからグーグル、マイクロソフト、MySpaceまで輪が広がった。XangaのAutomatticも参加を表明中。昨年暮れにはPayPalでShah社長の元同僚だったYouTube共同設立者スティーブ・チェン氏から連絡が入って、YouTubeにバナー広告を出す話に。今やKivaのトラフィックの15%はYouTubeから来ている。

ベンチャーキャピタリストも腕まくりである。UNDP元CEOビル・ドレイパー氏は設立1年半のドレイパー・リチャーズ基金(世界を変えるビジョンを持つ社会起業家に立ち上げ資金を提供)を通じてKivaに30万ドルの助成金を出した。

Kiva本部は元印刷屋のパッとしないオフィスだが、毎日仕事帰りのヤフー、グーグル、PayPalの人たちが用もないのに大勢たむろして賑わってるらしい。フルタイムは現在9人。うち1人はグーグル勤続6年の元国際部門の人だ。昨年10月、報道番組FrontlineでKivaの活動を知ったサンフランシスコ市内の不動産業ガードナーさんは既に2200ドルを72人に貸し付け、「やめられない」とマーキュリー紙に語っている。

["Spreading Silicon Valley's wealth - How Kiva is changing the world of microfinance" - Mercury News, "Revolution of Microfinance" - PBS]

***
このマイクロファイナンスについては不定期連載として自分で試してみた感じなど報告してみようと思う。サイトの翻訳もWikiのようなかたちで実現したいし。次回はサンフランシスに昨年2月創業したKivaの営利版Prosper.com(ビジネスウィークが選ぶ今年のテック・トレンドTop8)をチラッとご紹介しよう。



Related:

2005年秋のローンチ段階でSeven Degreesがまとめた解説「NingよりKiva

サンフランシスコで貸してる方のルポ→「お金貸したい人?」(イベント楽しそう!)





Update:

Oct.15.2008 -TechCrunch「貧困撲滅に一石、貧しい国の起業家にマイクロ融資してみよう

Oct.10.2008. -Kiva3周年:Kiva Turned three!

Sep.27.2007.-[Kiva]PBSとNYT現地ルポ視聴メモ:PBS and NYT Visiting Kiva Loan Recipients

Sep.8.2007.-Kivaブーム!: Kiva.org In Shortage of Businesses in Need

フォーブス日本長者番付け2007:Japan's Billionaires - Forbes

I listed up 24 Japanese Billionaires from 2007 Forbes Billionaire List.

"上位に食い込んだかと思えば番外に落ち、落ちたかと思えば返り咲く孫社長はソフトバンク株価の乱高下そのままだ。"
- 20年連続ランクイン、糸山英太郎氏のコラムより
こればかりはどうしようもないような…。笑

フォーブス日本長者番付け2007(世界リスト、上位25
番付け
資産総額(10億ドル)
姓名
主な肩書き(国籍/年齢)
129
5.8
孫正義
ソフトバンク社長(49)
132
5.7
森章・一族 森トラスト社長(69)
167 4.7
佐治信忠・一族 サントリー社長(61)
188
4.4
毒島邦雄・一族 Sankyo会長(81)
194
4.3
武井博子・一族
武富士元会長未亡人
226
3.9
山内博 任天堂前社長(79)
230
3.8
糸山英太郎
新日本観光会長(64)
237
3.7
柳井正・一族 ユニクロ会長(58)
314 2.9
三木谷浩史 楽天会長(42)
323
2.8 滝崎武光 キーエンス会長(61)
349
2.6
伊藤雅俊 イトーヨーカ堂名誉会長(82)
407
2.3
福田吉孝 アイフル(59)
432
2.2
岡田和生・一族 アルゼ会長(64)
458
2.1
岩崎福三 岩崎産業社長(82)
618
1.6
船井哲良
船井電機(80)
618
1.6
重田康光
光通信(42)
664
1.5
里見治
サミー(65)
717
1.4
神内良一
プロミス(80)
717
1.4
永守重信
日本電産(53)
754
1.3
福武總一郎
ベネッセ(61)
799
1.2
竹中統一
竹中工務店(64)
840
1.1
韓昌祐・一族 マルハン(76)
840
1.1
吉田忠裕・一族 YKKグループ代表(60)
891
1.0
大島健伸
SFCG社長(59)

Related - 関連エントリ

昼寝に見えない髪型:I'm Awake...

(ad for Suplicy Café)

Innovative hairstyle for those who take a nap while working.
勤務時間内に堂々と居眠りできる夢のヘアスタイル。

It's turned out to be an ad for Brazilian coffee maker, Suplicy Café. Creative team and English copy published on Ads of the World. ブラジルの老舗コーヒーハウス「Suplicy Café」の広告みたいだね。ココにコピーとクレジットがあったので追記しておこう。

体内に眠る目覚めの化学を呼び覚ませ
Suplicy
We love café.

広告代理店: F/Nazca Saatchi & Saatchi, Brazil
クリエイティブ・ディレクター: ファビオ・フェルナンデス、エドアルド・リマ
コピーライター: アンドレ・ファリア
アートディレクター: ケーカ・モレーレ
フォトグラファー: ルチオ・クンハ

***

It's not even a bad idea. In a study released last month, researchers at the Harvard School of Public Health and in Athens reported that Greeks who took regular 30-minute siestas were 37 percent less likely to die of heart disease over a six-year period than those who never napped. (Boston Globe

ちなみに先月ハーバード公衆衛生大学院とアテネの研究チームが発表した報告によると、30分昼寝するのが日課のギリシャ人は、しない人に比べ心臓病で死亡する確率が37%も低いらしいよ? やっぱりコーヒーのガブ飲みはやめて、髪型考えるべき? (Boston Globe

[via]

March 17, 2007

マンキュー「経済の十大原理」解題:Mankiw’s Ten Principles of Economics, Translated and Subtitled




Yoram Bauman's "Greg Mankiw's 10 Principles of Economics, Translated" has been already subtitled on Jimaku.in, a non-profit video hosting service for anyone with subtitling needs. It's also recognized on Greg Mankiw's Blog...:)

UPDATE: Jun Seita found another vid recorded on the same day. Thanks, Jun!

これは「世界初、世界に一人の経済漫才師」を自任するワシントン大経済学部講師Yoram Bauman氏(公式ウェブ)の動画。2月16日にAAASの漫才セッションで行ったものだが、なんと、字幕がついている!

iRackも、ちゃめさんが教えてくれたとこ直してグースカ寝てる間にtaninsw氏が字幕にしてくれていたし、う~ん、この字幕 in、えらいこっちゃ…。それにしてもこの動画をキャッチできるなんて、すごいアンテナだ。それになんと当意即妙な字幕。なんだか楽しいことになってきた。

おもしろいのは、マンキュー教授もこの動画のこと「非公式バージョン」として自分の ブログで紹介してるんだよね。なんと寛大な。氏のブログはハーバード大学の教え子たちのために作ったものだけど、大学と全然関係ない読者にも絶大な人気を誇る。ここからリンク飛ばしたらバックリンクで海を渡ったことに気づくかもしれないね。ふふふ。

***

Yoram氏のサイトによれば、漫才の元ネタはこの記事らしい。ちょっと時間がないので全訳無理だけど、翻訳された方はコメントでURL教えてくれるとうれしいです。

ちなみにサイトによれば、「不況5回のうち9回まで当てた」のジョークは1970年ノーベル経済学賞ポール・サミュエルソン氏がウォール街の株価指数について皮肉った名言からの引用だし、「wrong about things(ミクロ経済学者は特定の物事で間違っていて、マクロ経済学者は物事全般に間違っている、の下りかな?)」の出典はP.J.オルーク著「Eat the Rich」。

あと、アインシュタインの名言「Everything should be made as simple as possible, but not simpler.(”すべてのことは可能な限りシンプルに。ちょっとシンプルにするぐらいで満足しちゃダメ”って意味かな?)」は、字幕見て「あれ?」って思った部分だけど、「わざと間違えて解釈しちゃってる」そうだよ。

UPDATE: もう1本あった!幻の名作「Chicken, chicken, chicken」はJun Seita blogからドゾ。


[via]

関連:ITmedia News:「ネットは遊び場」――「字幕.in」を1人で作る25歳・無職

天才たけしの100人隊が世界的に流行っている:Takeshi's Troop of One Hundred


Japan's comedy classic "Troop of One Hundred" (YouTube) popped up on GMSV. It's a flashmob taken from Takeshi Kitano's "Genki TV" aired on NTV, 1985-96. In US, Takeshi is best known for filmmaking and Takeshi's Castle.

The vid features; 1)a senior Zen guy, 2)Tsunami's coming!, 3)Here he is!, 4)Victory toss for no reason, and 5)Watch out!

Among hundreds of "mobflash" videos available online, Takeshi's Troop of One Hundred definitely stands out.

In response to the ever-growing request, they released its official DVD (above). So next time you come across this vid, please mention about Takeshi.


こないだGMSVでたけしの100人隊の動画YouTube)が出ていた。「天才・たけしの元気が出るテレビ !!」、10年遅れてシリコンバレー上陸(笑)。これが今、やけに海外でウケているのだ(Google検索もホレ)。

大勢でいきなり馬鹿やるギャグは英語で「flashmob」。これでYouTube検索すると、路上枕投げやウェーブ、忍者などいくらでも出てくるんだけど、とりあえずビュー数では100人隊がダントツ首位で90万PVに迫る勢い。

喜んでいいんだか哀しいんでいいんだか良く分からないが、世界のflashmob分野で頂点を極めた100人隊に拍手~。

[IMDb- Takeshi Kitano, Office Kitano]

March 13, 2007

イラク戦争のパロディー「iRack」訳:Apple iRack - Scripts


Mad TV - "iRack Apple Iraq war parody"
Aired on March 10, 2007
Japanese-subtitle by Anonymous at jimaku.in


There's no exit strategy...
やや扱いが微妙な政治風刺パロディー。

-Full Scripts-

J:Welcome, everyone. In the last three years, Apple Computers has introduced the iTechnologies that have changed the world. The iPod, the iMac, the iBook, the iPhone, the iPicture Frame, the iLamp, the iMicrowave, and the iVacume Cleaner. Tonight I will unveil to you our newest iTechnology that will synergize our iproducts... Ladies and gentlemen, I give you... the iRack!

Woman: The iRack looks unstable...
J: Trust me. Intelligence briefings I got on the iRack are completely ...credible.
Man: The iRack looks like something we shouldn't be involved with. It looks like you put it together with no directions.
J: I'm confident that the iRack will work without any directions or plans of any sort.
Man: But the iRack looks all shakey. I mean you're gonna fix it, right?
J: Wrong. This is the iRack as we intended. Mission accomplished. Now I'm going to put our iProducts into the iRack.

MC: Ah,... Mr. Steve Jobs, don't force them in there.
J: I know what I'm doing. I'm not done dumb.
Woman: The iRack looks like it doesn't even want those things in there.
J: Don't worry. I know what's best for the iRack.
MC: Don't put war in the iRack, or it will collapse on itself.
J: Wrong. What the iRack needs is more things.
MC: You shouldn't be putting more things. You should be taking things out.
Man: Yeah, get things out of the iRack.
J: Does everyone here want me take things out of the iRack?
Everyone: Yeah!! Take things out!
J: I hear what you're saying and the answer is "NO." I'm going to put even more things in the iRack.

Man: But the iProducts don't even look they're getting along in the iRack. They look like they hate each other in there.
Woman: Look! The iRack is starting the smokes!
J: That's... That's just the beginning of the synergy. I will help the process along by throwing the rest of our money of the iRack.
MC: Stop it! You're ruining the iRack!
Man: Stockholders, we will not support you in this.
J: I don't care. Guess what? I am going to put 21,000 more things in the iRack.
MC: Oh, the iRack's on fire.
Man: Oh, my God. The fire from the iRack going throught the entire building!
MC: Everybody out!
Man: Where's the exit? How do we get out of here!?
J: You cannot get out of here. There is no exit strategy. I want you all to start stop focusing on the iRack, and start focusing on our newest product. The iRan.

- in Japanese

J: 本日はようこそ。この3年アップルはiテクノロジーを次々と生み出し世界を変えてきました。iPod、 iMac、iBook、iPhone、i写真フレーム、iランプ、i電子レンジ、i掃除機…そして今回お目にかけるのは既存のi製品にシナジーを生むiテクノロジーの新製品.. iRack!

Woman: そのiRack(アイラック=イラク)、なんだか不安定に見えますけど。
J:  大丈夫。iRackに関しては情報部から報告を受けています、100%信頼していい情報です。
Man: 下手に関わらない方がいいような気がしますね。指示もないまま組み立てたように見えますし…。
J:いや確かiRackの動作にはディレクションもプランも必要ないはずです。
Man: でもiRack、上から下までグラグラしちゃってますよ?  もちろん直してくれるんですよね?
J: とんでもない。これが我々の意図したiRackです。任務完了。…さてと、では当社のi製品をiRackに入れてみましょう。

MC: あの…Mr. スティーブ・ジョブズ、無理に捻じ込まないでくださいね。
J: そんなことは言われなくても分かってる。私は馬鹿ではないのだ。
Woman:  iRack、なにも欲しくないようですよ?
J: 心配ご無用。iRackにとって何がベストか知っているのは、この私だ。
MC: 戦争なんかよしてくださいよ? iRack、自滅しちゃいますよ?
J: いや違うね。 iRackにはもっともっと投入してやらなきゃいけないんだよ。
MC: それ以上はもう無理です、取り出してあげないと!
Man: そうだそうだ、いいから積んだものiRackから出せー!
J: iRackから外に出した方がいいと、みなさんは…そう仰るんですか?
全員: そうだ! 出せ出せー!
J: なるほど、みなさんの声ははっきり聞こえました。そして答えは「NO」です。ささ、もっと入れましょう。

Man: しかし、 i製品の方もiRackでは仲良くできてないようですよ? まるでお互い嫌い合ってるみたいだ…。
Woman: 見て! iRackから煙が!
J: こ… これはシナジーが始まったということです。よし、iRackの残りの金を全部投入してプロセスを支援してあげよう。
MC: やめて! あなたがしているのはiRackを滅ぼすことですよ!
Man: 株主の我々も本件に関しては支持できないね。
SJ: 構いませんよ、いいですか、iRackにはあと21,000個(1月にブッシュ大統領が発表したイラクへの米兵増派数)投入するんです。
MC: ああ…iRackから火が…
Man: 大変だ!iRackから建物全体に火が回っちゃうぞー!
MC: みんな、外に出てー!
Man: で、出口はどこだ? どうやったら出れるんだ?
SJ: 誰も外には出れません。出口戦略などないのです。さあみなさん、iRackはもういいでしょう、今度はこちらにご注目。さらにご覧に入れたい新製品がこちらの、iRan(アイラン=イラン)。

Last updated on 3/14/2007  Thanks, chame!  

*jimaku.inで名無しさんが作ってくれた日本語字幕版にコード替えました。great thanks!

***


[Mad TV(FOX)] 米NBCの「サタデーナイトライブ(SNL)」(ET11:30pm-1am)の向こうをはる土曜深夜のお笑い番組(ET11pm-午前零時)。「iRack」は新製品アイラックがイラク、ジョブズ役の主人公がブッシュ大統領という設定の政治風刺。ジョブズ氏のリアリティ・ディストーションフィールドと、米政府の出口戦略なき介入の泥沼を痛烈に批判した。

March 9, 2007

1億8,950万円のくず鉄:First Bugatti Veyron Crash

Veyron crashed... I came across this heartbreaking image while browsing through the inlinks to my entry "email from my wife while I was away." One Digg user, CraigB12, suggested here;
"I bet the owners of the other 49 cars are extremely happy about this. The guy that crashed his Enzo last year made the value of the other 99 in the world go up 250k, so the other 49 of these must have gone up significantly more than that."
Maybe he's talking about the 2003 Enzo Ferrari that crashed on PCH in Malibu last Feb... I'm not sure where he got those numbers, but yes, he made a good point...

シリコンバレー初納車のときご紹介したBugatti Veyron。「妻からのメール」にリンクいただいた関心空間さんでそのブガッティ初の無残な事故車両を見てしまった! アメリカでは右のFerrari Enzo大破の写真が有名だけども…なんと間抜けな…。

2007.03.04. - UK
First Bugatti Veyron Crash
PRICE: £830,000
Official Web
2006.02.21. - US
Ferrari Enzo Crash
PRICE: $1,000,000
Official Web
1-wk-old!
寿命1週間。
He has another Enzo.
もう1台のEnzoは無事。
Registered to 41-year old businessman Kumar Soni, driven by his younger brother, 39-year old Ajay Soni. One of only 49 ever made.

Veyron lost control in the heavy rain and crashed with a Vauxhall Astra van in Surrey, England.

Veyron trivia on Howstuffworks.


ブガッティ大破の図。実業家クマール・ソニ氏(41)所有、ぶつけたのは弟のアジェイ・ソニ氏(39)だ。

現場は英サリー市にある6.8億円の家のそば。目撃した人たちの話では雨が降りしきる中、時速160km以上出して制御を失い、妊娠7ヶ月の女性が運転するアストラに激突、3回スピンして沿道の木にめり込んだらしい。けが人はない。

価格£830,000(1億8,950万円)で世界に49台、英国には12台しかない稀少モデル。

買って1週間の新車だけに、路上では熱い兄弟げんかが目撃されている。
Crashed while racing a SLR on 162 mph. Behind the wheel was former Gizmondo executive Stefan Eriksson. One of only 399 2003 Enzo Ferrari ever made. More on here, here, here and here.

ギズモンド 」という会社ご存知だろうか? ソニー&任天堂に挑んでコケ、06年1月に倒産した英国のゲームメーカーだが、この車は同社元幹部のスウェーデン人、ステファン・エリクソン氏のもの。

価格$1M(1億1,822万円)、世界に399台しかないモデルだ。スウェーデンマフィアとの癒着が報じられて辞任し、米国に高飛びした際、もう1台のエンツォとメルセデスSLRと一緒に英国から持ち込んだ。

氏は2005年ル・マンで自社PRのためFerrari 360 Modena GTCを出走したレース経験者(途中リタイア)。マリブ沿岸の難所パシフックコーストハイウェイ(PCH)でSLRと競争し、時速260kmで通信塔に激突した。酒気帯びだった。

「PCHで120mph(時速192km)以上出す人間はIQテストが先だねえ」とマリブ市長。

YouTube TopGear 253mp/h (407km/h)
YouTube Ferrari Enzo vs McLaren F1


Diggには「去年Enzo大破した時には残り99台の価値が25万ドル上がった。今回はもっとだろう」(CraigB12)とコメントがついている(台数のとり方が違うけど)。

フォーブス世界長者番付け~世界は946人のビリオネア村:2007 The World's Billionaires 2007

The World's Billionaires - Forbes.com
Slide Show

米経済誌フォーブス最新号(左)が世界長者番付けを公開した。資産10億ドル以上の「ビリオネア」は946人の記録を更新、全資産額合計は昨年3月から35%増え3.5兆ドルとなった。

世界的な株式市場・不動産・商品価格の好調に支えられ、資産が増えた人が3分の2、去年より下がった人は17%にとどまった。

初登場178人(露19人、印14人、中13人、西10人)で脱落組は44人。サイプラス、オマーン、ルーマニア、セルビアの各国では初のビリオネア誕生となった。

ロシアは若手を中心に計53人で、ドイツに2人足りないが資産合計ではドイツより370億ドル多い。一方、アジアでは日本(24人、640億ドル)がインド(36人、計1910億ドル)に20年ぶりにアジア首位の座を奪われた。特にインドは世界最大の鉄鋼会社を営むラクシュミ・ミッタル氏(番付け5位)らの躍進が目覚しい。
世界のビリオネアは平均年齢62歳で資産平均36億ドル。数値は2月9日付け株式市場と為替レートのバランスシートを基にした。

The World's Richest People - Forbes.com
世界長者番付けTOP25

番付け 資産総額(10億ドル) 姓名 主な肩書き(国籍/年齢)
1(昨年1) 56.0(昨年50.0) ウィリアム(ビル)・ゲイツ - William Gates III マイクロソフト会長(米/51)。13年連続首位
2(2)
52.0(42.0) ウォーレン・バフェット - Warren Buffett バフェット・パートナーシップ創始者。ウォール街の投資家 (米/76)
3(3) 49.0(30.0) カルロス・スリム・ヘル - Carlos Slim Helú 昨年比190億ドル増は過去10年で世界最高。メキシコの通信王(墨/67)
4(4) 33.0(28.0) イングヴァー・カンプラッド - Ingvar Kamprad IKEA創業者 (スウェーデン/80)
5(5) 32.0(23.5) ラクシュミ・ミッタル - Lakshmi Mittal インド鋼鉄王 (印/56)-英在住
6(14) 26.5(16.1) シェルドン・アデルソン - Sheldon Adelson ラスベガスの不動産王(米/73)
7(7) 26.0(21.5) バーナード・アーナルト - Bernard Arnault LVMH会長兼ディオール会長(仏/58)

8(23)
24.0(14.8) アマンシオ・オルテガ - Amancio Ortega ファッション業界の大物(西/71)
9(10) 23.0(18.8) 李嘉誠 - Li Ka-shing Cheung Kong Holdings会長(香港/78)
10(9) 22.0(19.6) デイビッド・トムソン一族 - David Thomson & family 床屋の息子からメディア王となったロイ・トムソンの孫(加/49) *昨年統計は父ケネス・トムソンのもの
11(15) 21.5(16.0) ローレンス(ラリー)・エリソンLawrence Ellison オラクル共同設立者兼CEO(米/62)
12(15) 20.7(16.0) リリアン・ベッテンコート - Liliane Bettencourt ロレアル創業者の一人娘、筆頭株主(仏/84)
13(8) 20.3(20.0) アルフリード・ビン・タラール王子 - Prince Alwaleed Bin Talal “アラブのバフェット”の異名をとる世界的投資家(サウジ/50)
14(*) 20.1(*) ムケシュ・アムバニ - Mukesh Ambani(「アンバニ」表記も多い) インド民間最大企業リライアンス・インダストリーズ会長(印/49)
15(13) 20.0(17.0) カール・アルブレヒト - Karl Albrecht 大手激安スーパー「アルディ(Aldi)」創業者(独/87)
16(11) 18.7(18.2) ロマン・アブラモヴィッチ - Roman Abramovich ロシア石油王(露/40)-英在住
17(*) 18.4(*) ステファン・パーソン - Stefan Persson アパレルH&M創業者の御曹司(スウェーデン/59)
18(*) 18.2(*) アニル・アムバニ - Anil Ambani 兄ムケシュと共に父ディルバイが残したリライアンス財閥を支配(印/47)
19(6) 18.0(22.0) ポール・アレン - Paul Allen マイクロソフト共同設立者(米/54)-公式URL
20(22)

17.5(15.2) テオ・アルブレヒト - Theo Albrecht トレイダー・ジョーズ所有者兼アルディCEO(独/83)
21(25) 17.1(13.3) アジム・プレムジ - Azim Premji ウィプロ・テクノロジーズ(Wipro Technologies)会長兼CEO (印/61)
22(*) 17.0(*) 李兆基 - Lee Shau Kee 恒基兆業地産香港中華ガスなどの会長(香港/79)
23(17) 16.8(15.9) ジム・ウォルトン- Jim Walton ウォルマート創業者の3男(米/59)
24(17) 16.7(15.9) クリスティ・ウォルトン一族-Christy Walton & family ウォルマート創業者次男(昨年6月逝去)の未亡人(米/52)
24(19) 16.7(15.8) R.ロブソン・ウォルトン- S Robson Walton ウォルマート創業者の長男(米/63)

Think Like a Billionaire, Become a BillionaireThe Accidental Billionaires: The Founding of Facebook A Tale of Sex, Money, Genius and Betrayal


2010年世界長者番付け:The World's Billionaires 2010 - Forbes日本からのランクイン
2008年版世界長者番付け:The World's Billionaires 2008
2007年版日本長者番付け:Japan's Billionaires - Forbes
2006年版世界長者番付け:The World's Billionaires 2006
フォーブス400~今年は全員ビリオネア:Forbes 400 Richest Americans All Billionaires
天はニ物を与え給う~億万長者の美人令嬢たち:Hottest Billionaire Heiresses

March 6, 2007

出張先に妻から届いたメール:email from my wife while I was away - in Japanese

To my darling husband,

Before you return from your overseas trip I just want to let you know about the small accident I had with the pick up truck when I turned into the driveway. Fortunately not too bad and I didn't get hurt, so please don't worry too much about me.

I was coming home from shopping, and when I turned into the driveway I accidentally pushed down on the accelerator instead of the brake. The garage door is slightly bent but the pick up fortunately came to a halt when it bumped into your car.

I am really sorry, but I know with your kind-hearted personality you will forgive me. You know how much I love you and care for you my sweetheart. I have attached a picture for you so you can see that it's not too bad.

I cannot wait to hold you in my arms again.

Your loving wife.

XXX


(Watch pic here

P.S. Your girlfriend called for you.


愛しのダーリンへ

海外出張から帰る前にあなたにお伝えしておきたいことがあります。家の前の道でピックアップトラックをちょっとぶつけてしまったの。幸いそんなにひどくはないしケガもないので、お願いだから私のことはあんまり心配しないでね。

ショッピングから戻って家の前に曲がるときブレーキと間違えてアクセル踏んじゃったのよ。ガレージのドアは少しだけ曲がったけど、でも、大丈夫。ピックアップはあなたのクルマにぶつかって無事停まったわ。

本当にごめんなさい。でもあなたって心優しい人だからきっと許してくれるわよね? 私がどんなにあなたのこと愛して思ってるか、分かってるでしょう? 写真を添付します。これ見たら大したことないの、分かってもらえると思います。

早くハグしたいな。

あなたの愛する妻より
XXX(キス、キス、キス)


(写真は原文でどうぞ



P.S. カノジョから電話あったわよ。

リアルのスパイダーマン:Alain Robert



Spiderman Alain Robert climbed Abu Dhabi Building last month. Alain (5'5") is 60% handicapped and suffering from a permanent vertigo. I know, I know, ...watching him hold on to ADIA's vertical surfaces gives us instant vertigo!

He got his first urban climbing experience when he was 12 years old; locked out, he had scaled the window to his eighth-floor apartment home.

In the video, I love the part where he walks on top of the world-famous suicide spot, the Golden Gate Bridge.

東京奇譚集で覚えてるのが、高いところ歩く女性の話。フランスのアーバンクライマー、アラン・ロベール氏が先月23日、UAEのアブダビ投資庁(ADIA)を制覇したニュースを聞いて、ちょっと思い出した。

10万の観衆が見守る中、ものの20分で頂上を極めたアランだけども、リアルのスパイダーマンは実言うとvertigoだ。vertigo、つまり平衡感覚がおかしい。

1982年に起こった2回の事故で体の6割に障害を負いvertigoは一生治らないと診断された。でも半年後に見事現場に復帰しアルプスの山奥で修行を積んで(と書くとレインボーマンみたいだけど)、世界中のビルというビルを狂ったように登り続けている。

アランの登頂には2通りある。合法と違法だ。許可がない時は夜明けの時間帯を選んでビルに跳びつく。で、登りきる頃には屋上に銭型平次が待機している、というのがお決まりのパターン。

普通はお咎めナシですぐ釈放されるんだけど、一番ひどかったのは新宿センタービルの拘置5日間で、このときばかりは警察に大分痛めつけられたとサイトに書いている(最後は仏大使館の介入で釈放された)。

何度逮捕されても、誰もアランを止めることができない。素手で制覇した超高層ビルは世界70ヶ所以上にのぼる。

才能に目覚めたのは12歳の時で家に鍵を忘れ、親の帰りを待たずに8階建てアパートの外壁からよじ登ったのがキッカケ。2003年英国で「スパイダーマン」が放映された時にはその宣伝でロイズ・オブ・ロンドンに登り、報酬1万8千ドルを手にした。そう、商売で登ることもあるのね。

以下は登ったビルの一例。上の動画は自殺の名所ゴールデンゲートブリッジのケーブルによじ登るアランが、ものすごくいい。

Eiffel Tower - Paris (1996.12.31./986 ft)
Center Point Sydney - Sydney (1997.02.27./330m/ arrested/罰金$1500)
Sabah Foundation - Bornėo (1997.04./チャリティー登頂)
Petronas Twin Towers - Kuala Lumpur (1997.03.20./451m/arrested/60Fで逮捕)
Framatome Paris - Paris (1998.08.14./180m)
Empire State Building - New York City (1,250 ft)
Shinjuku Center Building - Tokyo (1998.11.06./arrested/5日間拘置)
Sears Tower - Chicago (1999.08.20./443m/最後の20Fは霧)
Parque Central Caracas - Venezuela (2002.05.18./映画「スパイダーマン」PR)
National Bank of Abu Dhabi - Abu Dhabi (2003.02.21.)
Tour Elf - Paris (2003.04.01./反戦プロテスト)
Total - La Défense (2004.10.19./614ft)
Cheung Kong Center - Hong Kong (2005.06.11./282m)
Europa Tower - Šnipiškės (2006.09.01./148m)
Vasco da Gama Tower - Lisbon (2006./145m)
Santa Fe World Plaza - Mexico City (2006.12.)
Abu Dhabi Investment Authority (ADIA) - Abu Dhabi (2007.02.27.)
Petronas Twin Towers - Kuala Lumpur (2009.11.01)

UPDATE: 「リアル・スパイダーマン」、ペトロナス・ツイン・タワー登頂目前で逮捕 - マレーシア AFP BB News - BETA -
UPDATE2: フランスの「スパイダーマン」、世界一高いツインタワーに登る

[wikipedia, Official Website, SlideShow]

March 1, 2007

読者がブログのフィードをやめる34の理由:Why Readers Unsubscribe from Your Blog - ProBlogger


The six figure blogger, Darren Rowse, posted his thoughts on why they unsubscribe from a blog’s RSS feed a couple of days ago. Based on the 100+ comments left on the topic, he summed them up in 34 Reasons. Great tips!

6桁ブロガー(年収1200万以上のブロガー)のダーレン・ロウズが2日前の投稿「読者がブログのRSSフィードをやめる理由」についたコメント109件をもとに今朝「34の理由」をまとめてくれた。ブログの定期診断に使えるかな?
  • 更新が頻繁すぎる - 37
  • 更新が少なすぎる - 29
  • 部分フィード(タイトルだけ、前文だけ) - 25
  • フォーカスが変わる(トピずれが多い) - 23
  • ほかで読める記事が多い(繰り返し、受け売り、ニュースのリサイクル) - 19
  • 内容が面白くない - 16
  • 内容が(一般の感覚や時代のニーズから)ズレている - 13
  • ブロガーの自己中(エゴ)が目に余る - 自己宣伝ばかり - 11
  • コンテンツの質が低い - 11
  • 量産で、しかも長文 - 10
  • ネガティブ波長なブログ - 7
  • フィードエラー(最新10~20件を毎回リロードする、など) - 7
  • けんか腰、個人攻撃、差別 - 6
  • ‘インフォマーシャル’(営業が目立つ) - 6
  • タイトルが記事の内容に連動していない - 5
  • 記事のフォーマット(入力スタイル)が全く(ほとんど)なっていない - 5
  • 読者自身の興味が変わってしまった - 5
  • これ以上読んでも使えないし価値がない - 4
  • 文中リンクばかりで投稿自体に内容がない - 4
  • 宣伝- 3
  • 書き方(文体&フォーカス)にムラがある - 2
  • 文法ミスが多すぎる - 2
  • もっといいフィード(ブログ)がほかに見つかった - 2
  • フォーカスが狭すぎる- 1
  • 同じネタで何度も繰り返し投稿する - 1
  • ブロガーのでしゃばりが鼻につく - 1
  • ブロガーがコメントを無視する - 1
  • フィードで画像が表示されない - 1
  • 書き手に自信がない、意見がない - 1
  • ブロガーの素性が不明すぎる - 1
  • 投稿末尾にごちゃごちゃオマケが多い - 1
  • 読者を見下したモノ言い - 1
  • 引用だらけ - 1
  • メインのブロガーが交代した - 1
みゅ~、耳が痛い…。