April 29, 2009

今週のジョーク:Enough


Enough
by Hal Dendurent, Catalyst

-in Japanese

あるアメリカ人の実業家がメキシコの小さな浜辺の漁村の港にいると、猟師がたった一人の小さな舟が港にとまった。小さな舟の中には大きなキハダマグロが何匹かいる。

「見事な魚ですねぇ」と漁果を褒め、アメリカ人は釣るまでどれぐらいかかったか尋ねた。メキシコ人は「なに、ほんのちょっとで釣れましたさ」と答えた。

「もっと粘ればもっと釣れるのに何故そうしないんです?」
「なあに、これだけありゃ当分家族養うには十分」
「そんな…じゃあ残りの時間は何して暮らすんですか? 」

するとメキシコ人の猟師は言った。

「ぐっすり寝坊して、ちょっと魚釣って、子どもと遊んで、カミさんのマリアとシエスタ、日が暮れると毎晩町に出てワインのみながらアミーゴとギター弾くんでさあ。こう見えて毎日忙しくて充実してるんですぜ、セニョール」

フンと鼻で笑い、アメリカ人は言った。

「そういうことはぺンシルバニア大ウォートンスクールMBAのこの私に任せてくださいよ。まず漁はもっと長くやること。そして魚を売って得た収益でもっと大きな舟を買う。もっと大きな舟からあがる収益なら舟も何艘か買えます。そしてゆくゆくは漁船の1団が自分のものになる。

獲った魚は仲買人に売るのではなく直接水産加工業者に売ることですね。するとゆくゆくは自分の缶詰工場を構えて、製品・処理・配送を一手にコントロールできる。ここまで行ったら、もうこんな小さな沿岸の漁村でくすぶってる必要はない。メキシコ・シティ、LA、ゆくゆくはNYCなり住んで、そこで日々成長する企業の経営に当たればいいんです」

メキシコ人の猟師は訊いた。
「けどよ、セニョール、それ全部終わるのにどんぐらいかかるんで?」
アメリカ人は答えた。「ざっと15~20年ですね」
「けどよ、セニョール、それからどうなるんですかい?」

アメリカ人は笑って言った。

「それからが一番いいところですよ。良さそうなタイミングでIPOを発表し、会社の株式を公開し、大金持ちになるんです。資産何億円も夢じゃない」
「ひゃー何億円もですか、シニョール? それからどうなるんで?」

アメリカ人は言った。

「それからは定年退職でしょ。小さな浜辺の漁村に悠々自適隠居して、ぐっすり寝坊して、ちょっと魚釣って、子どもと遊んで、奥さんとシエスタ、日が暮れると町に出てワインのみながらアミーゴとギター弾くんですよ」

ジョブズ、町議会は欠席:Jobs didn't show up at Woodside Town Council

"I don't think he would be strong enough if we were here until 1 a.m., and I think there's a strong possibility of that," the lawyer representing Jobs, Howard Ellman, told the council...and he was right.

The meeting lasted for hours, while preservationists including Clotilde Luce, a Florida resident whose family owned the Jackling house in the 1960s and heads the preservation group Uphold Our Heritage, argued that Jobs rejected an offer made by a San Francisco resident to move the building to Napa. Turned out that the man "wanted Jobs to pay almost the full cost of the relocation," failing to fulfill the condition Jobs made in exchange for giving away the house (that was an first offer, Luce said).  -A final decision to be made at a future meeting.

UPDATE: The demolition was approved in May. 

ジャックリング邸の取り壊しをめぐる審議が昨日行われたが、家主のジョブズ氏は町議会には姿を見せなかった。代理人は「午前1時まで長引く可能性もある中、そこまで持ち堪えるとは思えない」と理由を説明したが、話し合いは危惧した通りの長丁場となった。

1960年代に家主だったClotilde Luceさん(保存運動の市民団体「Uphold Our Heritage」を率いる人物)はフロリダから飛んできて、「サンフランシスコの男性がナパに移転を申し出たのに却下した。努力が足りない」などと非難し、弁護士は男性のオファーは本気ではなく、引越し代のほとんどをジョブズ氏に肩代わりさせようとした(引越し代全額負担が家を無料で渡す条件)と反論した。

Luceさんも黙っておらず、それは単に最初のオファーの話だ、それにジョブズ氏も保存運動に“それなりの金額”、例えば500万ドル(4.9億円)ぐらい出すべきだ、とやり返した。最終決議は次回。

UPDATE: 議会は6-1で取り壊しを認めた

[Mercury News] Photo by Jonathan Haeber

April 27, 2009

ジョブズが最も忌み嫌うジャックリング邸:Steve Jobs Wants Jackling House Demolished

 
Bathroom in Jackling House © Scott Haefner (via)


“one of the biggest abominations of a house I’ve ever seen” - Steve Jobs on Jackling House
「これまで出会った中で最も忌々しい家」-スティーブ・ジョブズ

Steve Jobs bought this old 14-bedroom "Jackling House" in early 1980s and lived there for a decade before renting it out.  It stayed vacant for another decade, and Jobs decided to build a new home and asked the town for permission to demolish it in 2001. They fulfilled his request, but local preservationists formed a group called "Uphold Our Heritage" and sued both the town council and Jobs, successfully upholding the decision.

Having failed to find someone who is willing to move the structure and preserve (remember, it's 17,250-square-foot house), Jobs is once again trying to pursuade them by stating building new 6,000-square-foot house would cost less ($8.2 million) compared to renovating the old mansion ($13.3 million), and the application will be reviewed tomorrow. (More on Mercury News).

In relation to this news, I saw the mansion's recent photographies on Apple 2.0 (More here).   The mansion looks really spooky.  I can't believe this is where Chelsea stayed and Mr. and Mrs. Clinton visited for dinner. Is this just a setup photography?  Maybe a pinch of dust here and there?  No?

In fact, this sort of preservation vs. demolition conflict is quite commonplace here.  Google co-founder and soon-to-be-dad Larry Page recently stirred similar criticisms when pursuing permission to demolish his "historic" Palo Alto home to build a new eco-friendly mansion only a block away from Jobs' home.

It affects average citizens as well. The other day, my neighbor told me that a lady she knows bought a house in Los Altos without knowing it's a "historic" landmark.  Being unable to rebuild a new house nor to resell it (other home buyers know better), she felt "trapped" in the old, outdated, collapsing home and "that stress caused her to be diagnosed with cancer."  At least, that's how she puts two stories together.

If it were in a commercial area, there would be an alternative path to take. Tokyo's state-owned historic mansion, Ogasawata-tei built in 1927, for example, was beautifully rennovated and now serves the community as a modern party, wedding and dining facility.  Huge mansion Jobs once lived and hated?  I bet tourists flock to see that place!

Why in the first place they put "historic building" for sale?  If it serves the entire community that much, let the government buy it.

Is that a bird nest? Pipe Organ in Jackling House
雨漏りで荒れ放題のパイプオルガン。左のは鳥の巣か? © Scott Haefner (via)


これはスティーブ・ジョブズ氏が米屈指の高級住宅街ウッドサイドに1980年代前半、Macを売り出した頃に買った家。

スパニッシュコロニアル様式を西海岸一帯に広めた建築家ジョージ・ワシントン・スミスが1926年、銅鉱山の大物実業家ダニエル・ジャックリングの私邸として設計したもので、全14室+バスルーム10室という広壮な構え。庭園も美しい。

ジョブズは10年間住んでからパロアルトの小さな家に越し、ここは人に貸していた。が、空き家の状態が10年続き、2001年、建て替えのため取り壊し許可を町に申請した。いったんは許可が下りたのだが、歴史建造物保存運動の市民団体「Uphold Our Heritage」が議会と氏を訴え、許可撤回となり今に至る。

「このウワモノを動かせる人には屋敷ごとくれてやる!」とヤケのやっぱちで引き取り手を捜したが、なんせ17,250平方フィート(1600平米)もあるので、そう簡単に引き取り手が見つかるはずもない。

途中から修理も諦め朽ちるに任せてきた氏だが、昨年やる気も新たに「小さな6000平方フィート(550平米)の家なら新築予算(820万ドル)の方が修復予算(1330万ドル)より安い」という見積もりを添えて町に再度申請した。その審議が明日議会に諮られる。

それにしてもすさまじい荒れようだ。上の写真は、このニュースの関連でApple 2.0に掲載されていた建物内部の近影だが、とてもチェルシーさんを泊め、クリントン夫妻を夕食に招いた家とは思えない。カメラマンのサイトにもっと写真があるけども、パイプオルガンなんて鍵盤もパイプもガタガタ。撮影用にゴミでも散らしたんじゃないの? と疑いたくなるほどひどい。

保存か倒壊かをめぐって家主と住民が対立するケースは、この辺ではよくある話だ。今度パパになるグーグル共同創業者ラリー・ページもパロアルトの自宅(ジョブズの家から1ブロック先。やはり歴史建造物)を拡張しようと周辺の土地を4軒分買い占め、いざエコな家に建て替えようと思ったら、「歴史建造物の取り壊し反対!」とさっそく周辺住民の反対に遭っている。

近所の友だちからこないだ聞いたのは、ある知り合いの女性がロスアルトスに家を買ったら、これが歴史指定建造物で(事前に知らされていなかった)、自分の家なのに建て替えもできなければ売るにも売れず(その辺の人はみんな知ってるので売り手がつかない)、古めかしい家に“囚われの身”となったストレスで「とうとうガンになって寝込んでしまった」んだそうだ。因果関係はハテナだが、まーそう話してた。

これが商用地なら東京の小笠原邸(1927年建造、結婚式場やレストランを備えモダンに生まれ変わった)のような持って行き方もあるんだけどね…。一般公開して「ジョブズが住み、忌み嫌った家」と宣伝すれば物好きな観光客が大挙して訪れるだろう。

そもそもいつも不思議なんだけど、そこまで社会のためになる建造物なら、なぜ一般市民なんかに売るんだろう? 国や自治体が買うべきではないの?? 


 

[Apple 2.0, Mercury News]

April 26, 2009

スタンフォード大正門前のシュラスコ食べ放題のお店:Pampas - Churrasco & Wine Lover's Paradise



I came here for my birthday earlier this month, and the experience was fabulous. If you're a traveler and getting tired of choosing from menu, try their fixed menu.

It's right in front of Stanford Caltran station.  Finding a parking lot may be a bit problem, but not as bad as City. When we arrived on Friday evening, there was some live music going on.

With $44, you can enjoy Rodizio-style unlimited Brazilian churrasco grilled meats (fillet mignon, lamb, chicken, sausage, turkey wrapped with bacon) AND the sidebar. Not that hungry?  Order only the sidebar for $27.  In fact, it's quite reasonable if you're familiar with retail prices of their ingredients (prociutto, rucola, cheese, etc.).  Half price on drinks and all appetizers during Happy Hour.

Our radar caught this location when a guy came to Kendo practice after enjoying 60+ varieties of wines at Pampas.  The waiter told us the World of Tasting event is hosted every Tuesday from 5pm to 9pm.  "It's fun! Come and try next time!'  Sure.

My kids loved this place! Rodizio is fun too. They quickly learned how to use two-sided disc on the table;  green means 'bring up more meats' and red means 'don't bother us while we're munching' and just kept eating.  I never imagined they'd be such carnivores!

月初めの誕生日はシュラスコのお店「Pampas」に家族で繰り出した。

シュラスコは、剣にぶすっと指して炭火で焼いたブラジル風BBQ。ウェイターが剣のまんま捧げ持って店内を徘徊し、客が頼むと空っぽのお皿に剣からこそげて供してくれる。

Pampasでは44ドルでRodizio(ホジージオ)式の食べ放題ができる。お肉は羊、鶏、牛、ハム、七面鳥ベーコン巻きなどで、ビュッフェ式サイドディッシュ食べ放題も込み。お腹空いてないならサイドディッシュだけ注文すると27ドルだ(私はこれ。プロシュット、ルコラ、チーズ、黒豆スープなど高めの食材を使っているので価格はリーズナブル)。ハッピーアワーはドリンクとアペタイザーが半額になるみたいね。

場所はカルトレインのスタンフォード駅前で、サンフランシスコ観光の方も電車1本で遊びに来れる。メニュー注文や運転に疲れた方でもこれならゆったりできそう。

ワインにしたたか酔って剣道の練習に来た人が教えてくれたお店なんだけど、ウェイターさんに聞いてみたらワインテイスティングのイベント「World of Tasting」は毎週火曜5-9pm開催(要予約)で、毎回世界各地のワイン60種以上を用意して大盛況らしい。「楽しいですよ!」と言うんで次回ぜひ。

子どもたちも大喜びで、各テーブルにあるアイスパックみたいな木片の使い分けもすぐ覚えた。と言っても青は「肉おかわり!」、赤は「要らないよ!」、猿でも分かるんだけども…。その面白さも手伝ってか食べる食べる食べる。あんなに肉食だったとは知らなかったなあ…。

Pampas [Review]

April 25, 2009

ラリー・ページ、秋にはパパに:Larry Page to be a father

 


According the Mercury News, Google co-founder, Larry Page, and his wife, Lucy, are expecting the first baby this fall. Sergey Brin and Anne Wojcicki had the first baby boy, Benji Brin, last December.

Both are Palo Alto residents. If their children go to the Palo Alto Unified School, both may be in the same grade.

グーグル共同創業者ラリー・ページ氏と元モデルでスタンフォードOBのルーシー夫人の間にこの秋あかちゃんがくる。サンノゼ・マーキュリー紙が友人から聞いた話として今朝伝えたもの。

セルゲイ・ブリン&アン・ウォージェッスキー夫妻は結婚も先なら出産も一足早く、昨年12月に長男ベンジ・ブリインちゃんが生まれている。

両氏とも自宅はパロアルトなので市内の公立校(パロアルト学区の学年の切れ目は12月2日)に通うとすれば同じ学年かもかも!

[via Mercury News]

April 12, 2009

間の悪いシャツで逮捕された人たち:Unfortunate T-shirts for a Mugshot

 It wasn't me
俺はやってない


 
I'm probably lying.
僕の言ってること、たぶん嘘ね


  
Nobody's perfect
完璧な人間なんていないさ


 
If we get caught, it's all your fault.
俺らが捕まったら
みんなおまえのせいだ


  
World's greatest dad
世界で最も偉大なパパ


Click below to see 10 more shots.
残り10枚は下のリンク先でどうぞ。

[15 Most Unfortunate T-shirts for a Mugshot - Oddee.com]

TwitterのStalkDailyワーム制作者@17歳「退屈凌ぎにやった」:StalkDaily Worm Created by 17-yr-old "out of boredom"

 
Michael Mooney, Louisiana(c) Net News Daily

Give teenagers something else to do. Really. Below is my translation of  "Interview with the Creator of the StalkDaily Worm."

イースターにTwitterを襲ったStalkDailyワーム制作者は、ルイジアナ州ウィンフィールドに住むMichael Mooneyという17歳の男の子だ。


StalkDailyワーム制作者インタビュー(原文


NND: Twitterは持ってる?

MM: 持ってたけど、今はぜんぶ一時停止。

NND: 作るのにどれぐらいかかったの

MM: 2時間ぐらい。夕べ作った。

NND: どうして?作った動機は?

MM: 暇だったからさ。真夜中で、他にやることもなかったんで。大体1週間前にXSSの脆弱性には気付いてたから、それで遊んでみることにした。

NND: ワームのコードはどう見つかったと思う?

MM: えーと、“ワーム”に感染すると大体のユーザーは、javascript(XSS)のスクリプトで自プロフィールが自動アップデートされるんで、誰かがTwitterの入力フィールド調べて、なんか気付いたんじゃなないかな。

NND: ワームはいつ無効にする予定?

MM: 彼らが自分たちのフィールドを正しくサニタイズできたらね。それか削除するよう僕に速やかに連絡してきたら。

NND: じゃ、Twitterはこの件について、まだ君に連絡してきてないの?

MM: ぜんぜん。

NND: 大勢の人を怒らせ、動揺させた自覚はあるの?

MM: YES。それは気付いた。本当に申し訳ないと思ってる。けど、脆弱性を野ざらしにしてたのは僕じゃない。僕は彼らのデータを保存して悪用することだってできた。でも、僕がやったのは彼らのアカウントからデータを投稿することだけだし、Twitterもすぐ異変に気付けるようなことだ。 誰か一人がやらなくても早晩、他の誰かが僕みたいなことやって、でも今度はメールとか名前とか携帯番号みたいなデータを保存して将来のスパミングに利用することだってあり得るんだよ。

NND: Twitterには、君が“所有してる”というTweet(つぶやき)をユーザーに強制的に投稿させる新種のワームが出回ってるわけだけど、この新種ワームがやる悪さは、これだけ?

MM: いや、今のワームはjavascriptを使って単にユーザーの認証トークンをブラウザから入手したら、あとはワームのスクリプトでプロフィールを書き換えて、ステータスを書き換え、ユーザーをフォローするところまでやってる。

NND: 誰をフォローするの?

MM: @onedegrees

NND: もっと他のワームもリリースするつもり?

MM: わかんない。Twitterが自分らのフィールドをサニタイズするかどうかによるなあ。

NND:つぶやきを止める方法はなんかないの?

MM:  ないと思うよ。 javascriptを不能にすればXSS実行は阻止できる。

NND: このワームはTwitterユーザーのページの背景も削除する?

MM: YES。新しいやつは、それもやる。これは僕が見つけた別のXSSだ。

NND: 君、逮捕されるかもしれないんだよ、分かってる?

MM: YES。知ってますよ。でも心配はしてない。刑務所行きかも、ってことでしょ。

(この後、Mikeyはこちらら「f**kなぐらい退屈だ」と言ってサインオフした)

Related:
17-year-old claims responsibility for Twitter worm - BNONews Room

[Interview with the Creator of the StalkDaily Worm | Net News Daily]

April 11, 2009

デザインは新聞を救える?:Can design save the newspaper? Jacek Utko on TED



Paper is like a canvas that carries stories in different forms, colors, and tastes. And, Yes, design is the main thing that motivates me to keep subscribing to the paper.  Inspiring story by Jacek Utko.

「世界で最も優れたデザインの新聞がポーランドとエストニアにあるなんて誰が思う?」―と語る元建築家Jacek Utko氏は、2004年ワルシャワのビジネス紙「Puls Biznesu」にアートディレクターとして就任し、経営陣と事業目標を話し合って紙面レイアウトを刷新、部数を飛躍的に伸ばし、世界で最も優れたデザインの新聞に贈られるSNDアワードを受賞した人だ。

今は「Bonnier Business Press」のアートディレクターとして東欧・バルト諸国の新聞を担当。2007年にもエストニアの「Äripäev」紙でSNDアワードをとっている。

デザインは、紙で購読する最後の理由、かもね。新聞がカンバスなら、写真と活字とチャートは絵の具。「新聞ではない、ポスターだ」と言ってるのが印象的だ。

[抄訳]

新聞は死にかけています。理由は;
・読者は昨日のニュースと広告読むのに金は払わない。
・ラップトップとiPhoneの方がニューヨークタイムズ日曜版より扱い易い。
・木は切り倒さない方がいい。

新聞の未来を語るシナリオも、あります。;
・無料 ・タブロイド ・ローカル ・ニッチ ・オピニオン指向でなくてはならない。
・朝食で消化できるものにすべき(通勤後は携帯・ノート・その他になるので)

でも時間稼ぎというだけで、長い目で見れば、新聞が生き残れる実際的理由は何ひとつないのが現状です。じゃあ、どうすれば…? (会場笑) 

僕の話をしましょう。

20年前に創刊し、中央・北ヨーロッパ一円に進出した新聞がありました。スタッフは経験豊かだったけどビジュアルに関しては文化(素地)も予算もディレクターもなかった。そこにディレクターとして入ったのが僕です。それまでは建築家でした。

一度おばあちゃんに「なにして暮らしてるんだい?」と聞かれ、「新聞のデザインだよ」と答えたら、「なんだって? デザインするものなんて何もないじゃないか。つまんない活字ばっかりで」と言われたんですよね(会場笑)。でも彼女の言う通りで、僕もだいぶフラストレーション貯まってました。

そんなある日、ロンドンでCirque du Soleilのパフォーマンスを見て、ハッと啓示を受けたんです。この連中、あんな薄気味悪い曲芸を、考えうる限り最高のパフォーマンスアートに高めてる…オーマイガー! これは僕も早速あのクソ面白くない新聞で同じことやってやらなくちゃ、と。

で、実行に移しました。ひとつひとつ、リデザインを。1面は僕らのシグネチャー(トレードマーク、看板)になりました。それはとても親密で私的な、僕が読者と繋がるチャンネルです。

これは僕のアーティスティック・ステートメントであり、現実の解釈なんです。僕はポスターを作ろうと思ったんです。新聞とか雑誌とかじゃなく。ポスターをね。

それはひとつの実験でした。タイプ(フォント)、イラストレーション、写真。みんなで楽しんで作った。すると結果が出始めたんですね。ポーランドでは僕らのページは3年連続で年間賞を受賞しました。[...] ここで見せてるのは、ラトビア・リトアニア・エストニアの新聞ですが…。

僕らの新聞作りの秘訣は「新聞全体をひとつの作品、ひとつのコンポジションとして扱う」ことです。音楽のように。見開きのページもひとつに扱う。

これで世界最高のデザインの新聞に選ばれました。さらに素晴らしかったのは部数で、ロシアでは1年で11%、2年で19%、3年で29%伸び、ポーランドも1年で13%、2年で22%、3年で35%伸び、ブルガリアに至っては100%も伸びたんです。その背景にはデザイン以外の努力もあります。

機能がコンテンツなら、フォルムはデザイン。デザインを建て直すには、まずビジネスのゴールを理解し、それに応じてコンテンツの戦略を考え、2ヵ月置いてデザインに着手しなきゃならない。最初は上司も驚いてましたよ。「どうしてこんなビジネスの質問ばかりするのだ」と。でもやがてこれが新しいデザイナーの、最初から最後まで関わっていく仕事の進め方なんだと理解してくれました。

この経験で得た教訓。

1. デザインは変えることができる。製品だけでなく、ワークフローも、ブランディングも、会社も、自分自身もすべて変えることができる。

2. 小さな貧しい国の、退屈な支社で、予算もスタッフもない、そんな僕のような状況でも、仕事はやりようによっては最高のレベルに高めることができる。誰でも。インスピレーションと堅い決意さえあれば。□

TED [Utko.com]

April 9, 2009

AT&T、光ファイバーを切った犯人の情報に賞金25万ドル:Fiber-optic Sabotage Hits Silicon Valley

 

It takes cutting 4 fiber optic cables to take thousands of Silicon Valley residents without internet, phone, ATM and 911.  It sounds more vulnerable than we thought.

Today shortly before 1:30 a.m., AT&T's fiber optic line located in a manhole 8-10 feet deep (MAP) was cut by someone, affecting landline phones, cell phone service by Verizon, Nextel, Sprint and AT&T, Internet access in Santa Clara and Santa Cruz area.   Another line was cut in San Carlos about two hours later.  San Jose Police suspects sabotage, and AT&T is offering $100K reward for information leading to the arrest. (UPDATE: AT&T raised it to $250K Friday)

ZDNet (among those affected) reported, "Following the Sept. 11, 2001 terrorist attacks, AT&T’s networks were declared National Critical Infrastructures. Anyone who tampers with them is in violation of federal and state laws."

今日午前1時半少し前、サンノゼ南部の光ファイバー通信ケーブルが切れ、シリコンバレー南からサンタクルーズにかけての広い範囲で電話・ネット・携帯・911緊急ダイヤル、それに何故かATMも不通になり、自治体が緊急警戒を呼びかける騒ぎがあった(現場地図)。

警察によると、道路のマンホールの蓋を開けて地下2.4~3mのところに降りたところにあるケーブルが4本、何者かの手により切断されていた。その2時間後にはサンカルロスでも4本切られていた。事件性があると見て警察は捜査に乗り出し、AT&Tは犯人特定に繋がる情報を提供した人に賞金10万ドルを用意した(UPDATE:金曜、25万ドルにアップした)。

まったく誰が何のためにか知らないが、ZDNet(ここのサイトも影響を受けた)によると、「9-11テロ攻撃後、AT&Tのネットワークは国家重要インフラ(National Critical Infrastructures)に数えられており、これを不正に変更する人は連邦法・州法違反に相当する」そうな。

それにしても ケーブル4本でこの騒ぎというのも…。
マンホールに鍵かけても、ケーブル切るような人は鍵もこじ開けるだろうし…ね…。

[Techmeme]

ゲーツ国防長官、F-22生産中止を提言:SecDef Gates Kills the F-22


Watch CBS Videos Online

Defense Secretary Robert Gates on Monday proposed halting production of the F-22 fighter jet, scrapping a new presidential helicopter, cutting $87 billion budget for new generation combat vehicles dev plan. The F-22 alone may affect 95,000 jobs in line and we're still to see if the Congress will approve it.

ロバート・ゲーツ国防長官が月曜、今年10月から1年間の2010年会計年度予算編成に向け、国防予算5340億ドル(約54兆円)の装備見直し案を発表した。

これが予想通りの激しさで、プレデター無人偵察機は20億ドル増やすけど、使うかどうか分かんない次世代戦車開発計画(870億ドル)はカット、一度も使ってないF-22戦闘機は製造停止、開発が遅れに遅れたあげくオバマ新大統領が「要らん」と言ってる大統領専用ヘリも「作んない」という大抜本改正ぶり。

「F-22だけで9万5000人の雇用に影響が出る」(ロッキード・マーティン社)という政治的側面もあるので、さて、国会が承認するかどうか…。

April 6, 2009

米歴代大統領44人をモーフィング:All 44 US Presidents Morphed


If you liked "Women in Art," you'll like this.  The last 30 secs scared me.
女性の肖像の500年”と同じテクで歴代アメリカ合衆国大統領44人の肖像をつなげた動画。ラスト30秒がホラーだ。

[Video: poldivideo / Music: Boléro by Ravel]

April 1, 2009

SGIが2500万ドルで叩き売り、ジム・クラーク氏はモデルと再婚:SGI Sold for $25million

Kristy Hinze & Jim Clark (c) Brisbane Times

"UPDATES to correct purchase price to $25 million, not $25 billion."- Wired

I don't blaim Wired... Silicon Graphics (SGI), once Unix giant known for building computers behind special effects for the “Jurassic Park”, filed for bankruptcy today, and was immediately bought by Rackable Systems for merely $25 million in cash (Press Release). If you remember the company's annual revenue was almost $4 billion in 1997, it's a bargain price that's hard to believe.

NY Times noted that its founder, James (Jim) Clark, 65, married to Australian supermodel Kristy Hinze, 29, last month. Mr. Clark once said;
“I just want to have more money than Larry Ellison. I don’t know why. But once I have more money than Larry Ellison, I’ll be satisfied.” -The New New Thing, Michael Lewis, W.W. Norton, 1999 (via)
He now tied with Mr. Ellison who also has the fourth beautiful wife.

シリコングラフィックス(SGI)が今朝2度目の破産法11条適用を申請、ラッカブル・システムズに二束三文の$25M(2500万ドル)で買収された。ワイヤードが桁3つ間違えて訂正を打ったけど、間違えて当然という気がする。;
"UPDATES:買収価格は$25B(250億ドル)ではなく正しくは$25M(2500万ドル)です。- Wired.com
SGIと言えば90年代は映画『ジュラシック・パーク』の特殊効果のコンピュータを手がけた会社として大変な注目を集めたものだ。1997年の売上げは$4B(40億ドル)弱。それが今や$25M(2500万ドル)で身売りなんだから…栄枯盛衰である(プレスリリース)。

NY Timesが書いてるように、ネットスケープ・コミュニケーション創設も手がけたSGI共同創業者ジェームズ(ジム)・クラーク博士(65)の方は先月、豪州の水着のスーパーモデル、クリスティ・ハインツさん(29)を4人目の妻に迎え、幸せいっぱい

4人目の美人妻を持つビリオネアと言ったら、この界隈ではオラクルのラリー・エリソンCEOぐらいしか思いつかないが、博士は1999年の本に一度こう漏らしたことがある(拙訳)。;
「私は単に、ラリー・エリソンよりたくさん金が欲しいだけだ。何故かは分からない。が、ラリー・エリソンよりたくさん金が持てればそれで満足だ」 -マイケル・ルイス著『ニュー・ニュー・シング』(via
これで少なくとも結婚回数では肩を並べた。意識してないとは思うけど…。